コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時として トキトシテ

デジタル大辞泉の解説

ときと‐して【時として】

[副]
場合によって、ある物事が起こるさま。時には。たまに。「時として晴れ間が出ることもある」
(あとに打消しの語を伴って)少しの間もある状態にいられないさま。ひとときも。
「心念々に動きて、―安からず」〈方丈記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ときとして【時として】

( 副 )
場合によっては、ある事態が起こるさま。時には。 「人は-あやまりを犯す」
(打ち消しの語を伴って)少しも。ちょっとの間も。 「心、念々に動きて-安からず/方丈記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

時としての関連キーワードリバース・イノベーションファミリーコンピューター父パードレ・パドローネ「無責任男」植木等逝く風優先のランディングオープン・ポリシーオレーグ タバコフクラミジア感染症カウントダウン神の小さな土地対抗カルト運動反カルト運動超音波内視鏡明電舎[株]正保日本図中間生成物GR650時とすると日本標準時テレビ放送

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時としての関連情報