コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時として トキトシテ

デジタル大辞泉の解説

ときと‐して【時として】

[副]
場合によって、ある物事が起こるさま。時には。たまに。「時として晴れ間が出ることもある」
(あとに打消しの語を伴って)少しの間もある状態にいられないさま。ひとときも。
「心念々に動きて、―安からず」〈方丈記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときとして【時として】

( 副 )
場合によっては、ある事態が起こるさま。時には。 「人は-あやまりを犯す」
(打ち消しの語を伴って)少しも。ちょっとの間も。 「心、念々に動きて-安からず/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

時としての関連キーワードアンコンシャス・バイアスリバース・イノベーションファミリーコンピューター父パードレ・パドローネ「無責任男」植木等逝く風優先のランディングオレーグ タバコフオープン・ポリシークラミジア感染症対抗カルト運動神の小さな土地カウントダウン超音波内視鏡明電舎[株]反カルト運動GR650正保日本図エンジェル日本標準時時とすると

時としての関連情報