コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智恩寺 ちおんじ

4件 の用語解説(智恩寺の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちおんじ【智恩寺】

京都府宮津市文殊もんじゆにある臨済宗妙心寺派の寺。山号、天橋山。通称、切戸文殊。808年平城天皇の勅願により創建されたと伝える。寛永年間(1624~1644)別源が中興。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

智恩寺【ちおんじ】

京都府宮津市にある臨済宗妙心寺派の寺。延喜(えんぎ)年間(901年−923年)の開創という。本尊文殊菩薩(鎌倉期作,重要文化財)は日本三文珠の一つ。霊験は謡曲《九世戸》《丹後物狂》でも知られ,九世戸(くせど)の文殊堂,切戸(きれと)の文殊堂と俗称。
→関連項目成相寺宮津[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちおんじ【智恩寺】

京都府宮津市にある臨済宗妙心寺派の寺。天橋山と号する。天橋立(あまのはしだて)の南岸にあってはるかに成相(なりあい)寺相対する景勝の地にある。本尊文殊菩薩(鎌倉期,重要文化財)の霊験は,謡曲《九世戸(くせのと)》《丹後物狂(ものぐるい)》でも知られ,日本三文殊の一つとされる。切戸(きれと)の文殊堂,九世戸(くせど)の文殊堂と俗にいう。寺伝によると延喜年間(901‐923)の開創,鎌倉末期に真言宗から臨済宗に転じ,近世初期に妙心寺派に属し,寺領50石をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智恩寺
ちおんじ

京都府宮津市文珠(もんじゅ)、天橋立(あまのはしだて)桟橋の近くにある臨済宗妙心寺派の寺。山号は天橋山(てんきょうざん)。本尊文殊菩薩(もんじゅぼさつ)は日本三文殊の一つといわれる。通称切戸(きれと)の文殊、九世戸(くせど)の文殊とよばれる。創建年代は明らかではないが、一説に808年(大同3)平城(へいぜい)天皇の勅願によって創建されたという。嘉暦(かりゃく)年中(1326~29)嵩山(すうざん)が禅寺に改めたと伝える。寛永(かんえい)年中(1624~44)宮津藩主京極高広(きょうごくたかひろ)が別源(べつげん)を招いて再興させた。多宝塔(国重要文化財)は1500年(明応9)の造立。文殊堂本尊の文殊菩薩像・脇侍(きょうじ)善財童子・優(うてん)王像は鎌倉時代の作で、国重要文化財。徹書記(てつしょき)の筆といわれる仮名縁起1巻、1486年(文明18)の九世戸智恩寺幹縁疏(かんえんそ)1巻など寺史を語る文書がある。また境内には和泉(いずみ)式部の歌塚、智恵の輪灯籠(ちえのわとうろう)、マリア灯籠などがある。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の智恩寺の言及

【宮津[市]】より

…国分には丹後国分寺跡(史),大垣には丹後一宮とされた籠(この)神社があり,府中と呼ばれるこの一帯は古代丹後国府の所在地と考えられている。天橋立の南の文珠(もんじゆ)には〈九世戸(くせど)の文殊〉として信仰された智恩寺がある。海岸部の多くは若狭湾国定公園に含まれる。…

※「智恩寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

智恩寺の関連情報