コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書屋 ショオク

3件 の用語解説(書屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐おく〔‐ヲク〕【書屋】

多くの書物を置いて、読書や勉学に用いる家や部屋。書斎。
書店。
文人や蔵書家が自分の家の雅号に用いる語。正岡子規の「獺祭(だっさい)書屋」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょおく【書屋】

書物を入れておく部屋。また、書斎。
書店。本屋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

書屋

文献上,日本最古の図書館と推定される施設.1992(平成4)年,法隆寺金堂の釈迦三尊像台座の解体修理中,台座下部の板に墨書が発見され,そこに「書屋」「辛巳」などの銘文が判読された.「辛巳」は621年(推古朝),「書屋」は,後の「書司」(奈良時代の内廷の役所)や「書殿」(万葉集に見え,大宰府にあった)と似たものと考えられ,図書館を指すと見られる.銘文のある板は他の建物の転用材と考えられており,それがどこにあったのか,朝廷にあった可能性があるが,詳細は不明である.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

書屋の関連キーワード共著蛍雪御書所集解新刊整版選書蔵する坊間の書物の本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

書屋の関連情報