コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月光菩薩 がっこうぼさつ Candraprabha

6件 の用語解説(月光菩薩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月光菩薩
がっこうぼさつ
Candraprabha

日光菩薩とともに薬師如来の脇侍として祀られる菩薩で,独尊で信仰されることはない。像容は日光菩薩と同様,普通は上半身裸形。宝冠や持物に月を表わす標識がつく場合もある。彫像では奈良薬師寺金堂本尊の脇侍が白鳳時代を代表する優品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がっこう‐ぼさつ〔グワツクワウ‐〕【月光菩薩】

《〈梵〉Candra-prabhaの訳》薬師如来の右側に立つ脇侍の菩薩。→日光菩薩

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

月光菩薩【がっこうぼさつ】

日光菩薩と並ぶ薬師如来の脇侍。月の清浄光を人格化し,薬師如来跡を継ぐべき菩薩とされる。東大寺法華堂,薬師寺金堂の像が有名。
→関連項目定慶薬師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月光菩薩 がっこうぼさつ

月の光を象徴するという菩薩。
薬師三尊のひとつ。釈迦(しゃか)の前生の姿ともされる。薬師如来の右脇に侍し,左の日光菩薩と対をなす。月輪をのせた蓮(はす)の茎をもつ姿であらわされることがおおい。ふつう単独で信仰されることはない。奈良の東大寺,薬師寺の像が有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

がっこうぼさつ【月光菩薩】

薬師如来の右脇に侍する菩薩。左脇の日光菩薩と薬師三尊をなす。がっこう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月光菩薩
がっこうぼさつ

薬師如来(やくしにょらい)の脇侍(きょうじ)で、日光菩薩と一対になる。月光はサンスクリット語チャンドラ・プラバCandra-prabhaの訳。この日光・月光の一対は、パキスタンのペシャワル市から出たカニシカ王の舎利(しゃり)容器に王をはさんでみられ、また、フビシカ王の貨幣には月神(マオ)と日神(ミイロ)の一対が示されている。日本では東大寺法華堂(ほっけどう)と薬師寺金堂の月光菩薩像が有名である。この2像にはとくに月を示す表現はないが、広隆寺の像には持物(じもつ)の蓮華(れんげ)に三日月が示されている。密教の曼荼羅(まんだら)に描かれたものにも三日月がみられる。三日月のモチーフはクシャン朝の貨幣の神像や帝王像にすでに現れている。[定方 晟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の月光菩薩の言及

【日光・月光】より

…薬師如来の脇侍として,《薬師本願経》には名のみ記されるが,その像容などは詳説されない。一般には蓮華上に日輪・月輪を執るのを図像的特色とする。薬師寺の薬師三尊像の両脇侍を最古の例とし,東大寺三月堂に日光・月光と伝える奈良時代の塑造立像があり,平安時代には法隆寺講堂,大阪勝尾寺,醍醐寺,神奈川宝城坊など,薬師三尊像の脇侍として造立された多くの作例があげられるが,おのおの図像的には必ずしも一様ではない。薬師【百橋 明穂】…

【薬師】より

…薬師瑠璃光(るりこう)如来とも呼ばれる。薬師は菩薩時代に12の大願を立て(その中に自分の名を聞く者を不具や病気から救うという項目がある),仏となって東方の浄瑠璃世界の主となり,日光菩薩,月光菩薩(日光・月光)を従えている。死の病人を救うために薬師如来に祈る供養法(続命法)が行われ,また薬師経を唱える信者を十二神将が守護するとも説かれる。…

※「月光菩薩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月光菩薩の関連キーワード勢至菩薩日光菩薩普賢菩薩宝城坊歌舞の菩薩五輪旗三尊象徴的智印薬師三尊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月光菩薩の関連情報