コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機体論 ゆうきたいろんorganicism

翻訳|organicism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機体論
ゆうきたいろん
organicism

生体論,生体説ともいう。生物学社会学における理論。生物学的にはアニミズム生気説 (特に新生気説) に対立するが,生体をあまりに単純に機械論的にみることにも反対し,形態形成,合目的性 (のようにみえるもの) なども生物がもつきわめて高度の複雑な有機的組織化によるものととらえる。生物学での理論化の代表者として,L.フォン・ベルタランフィなどがいる。生命を諸器官有機体的組成の結果とする J.ロスタンや P.ジャネの立場があるが,各器官に固有の生命的特性を認める説もある。社会学的には社会を生物体と類比的にとらえ,さらに進めば社会学を生物学の一分野とする説もある。全体論とは異なるが,有機体は機能的統一体であり,部分の総和によっては全体はとらえられないという主張の面が強いとき,区別が曖昧になることもある。 I.コント,H.スペンサー,C.ブーグレらがその代表者。なお医学上 organicismとは病気の原因を1つ以上の器官の損傷とみる器官障害説をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

有機体論【ゆうきたいろん】

英語organicismなどの訳で,〈有機体説〉とも。生物の体制・組織organismをモデルとする世界観で,機械論に対し,生気論目的論類縁である。国家や社会にあてはめられる場合は社会有機体説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきたいろん【有機体論 organicism】

一般に,あらゆるものを有機体として見る立場で,有機体説ともいう。歴史上,農牧社会でとくに支配的な思想であったが,近代社会では機械論が有力になってきたので,それとの対立において主張されることが多い。有機体の典型は生物であるから,生物をモデルとしてすべてを見る立場ないしすべてを生き物として見る立場といってもよいが,とくに〈有機体論〉と呼ぶときには限定して用いる。すなわち,同様に生物をモデルにする場合でも,生物のもつ〈生きている〉という働きに注目してそこに生物体以外の独自の実体を想定すれば〈生気論〉になり,生物のもつ目的性に注目すれば〈目的論〉になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の有機体論の言及

【機械論】より

…機械論の再出発は17世紀初頭のヨーロッパで行われた。その背景には中世における建築技術の発達や機械時計の完成,さらに大砲の開発による投射体の運動の研究や航海術の進歩に伴う位置決定の課題などがあったのであるが,17世紀はじめに,それまで支配的な自然観・社会観であった目的論的・有機体論的なアリストテレス主義と,隠れた性質を認めるヘルメス主義を批判してF.ベーコンが新しい要素論を唱え,デカルトが魂と物体を明確に区別して物体から内的目的や隠れた性質を排除し,自然を〈延長〉としてとらえ,運動を位置の変化として幾何学的に研究する方法を打ち立てて,近代の機械論が成立した。すなわちデカルトは,当時完成した機械であった時計をモデルとして,自然を外から与えられる運動によって〈法則〉に従って動く部分の集合であると見たのである。…

【生命】より

…一方,生命機械論は生物の現象を終局的に物質現象として理解する立場だが,それにいくつかのちがった考え方があることは後述する。なお新生気論,全体論,生体論(有機体論)などといった生命論の提唱もあり,実際には単純に割り切ることはできない。 生命をどう考えるかは生体の構造と機能の解釈に依存することであり,科学の発展によって異なってくる。…

【世界観】より

…ここでは,各分野・各時代・各地域にまたがる全世界的な世界観の類型化の例を示す。
[有機体論的世界観]
 世界全体を生き物と見る世界観で,世界もその内部の事物も誕生と成長の過程にあり,無定形の混沌から秩序あるものへと形成され,分化発展をとげるものとみる。したがって,世界を目的論的なもの歴史的なものと見る世界観である。…

※「有機体論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

有機体論の関連キーワードメーストル(Joseph de Maistre)カント(Immanuel Kant)アルフレッド・ルイス クローバーゴットル・オトリリエンフェルトL.v. ベルタランフィ人間的自由の本質ホールデーンエスピナスシルビウス社会体系論クローバー政治機能社会体系デュギー還元主義