有田(町)(読み)ありた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有田(町)
ありた

佐賀県中西部、西松浦郡(にしまつうらぐん)にある焼物の町。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)に東有田町、2006年(平成18)に西有田町と合併し、それまでの有田町(まち)から有田町(ちょう)に改称した。伊万里(いまり)湾に注ぐ有田川上流の狭い山間に、細長い町並みを形成している。JR佐世保(させぼ)線が通じ、有田駅は松浦鉄道の始発駅である。国道35号、202号、498号が通じる。中世には松浦(まつら)党の有田氏が割拠し、近世には佐賀藩領となる。流紋岩類からなるこの地で、日本最初の白磁器の焼成が行われたのは、上白川天狗谷古窯(てんぐだにこよう)跡の発掘調査から1605年(慶長10)前後とされる。それは朝鮮渡来の李(り)朝系陶工たちによって本格的に進められた。さらに赤絵付法が酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)一族によって完成されたのは1646年(正保3)前後とされ、ここに有田皿山(さらやま)は、17世紀後半から18世紀にかけて黄金時代を現出した。佐賀藩皿山代官支配のもとに、その製品は伊万里津から全国各地に、さらに長崎出島(でじま)を介して東南アジアやヨーロッパに大量に積み出された。明治以後は香蘭(こうらん)社などが台頭して近代化が進められ、鉄道開通(1897年)後は「有田焼」商取引の町ともなった。食器、美術工芸品のほかに、タイルや工業用品など多方面に進出し、原料は大部分天草(あまくさ)陶石を利用した。赤坂の高台一帯には、有田焼卸団地の形成など新しい開発の動きが目だつ。柿右衛門(濁手(にごしで))、色鍋島(いろなべしま)は国指定重要無形文化財。春の有田陶器市は最大の年中行事である。県立九州陶磁文化館、有田陶磁美術館、有田ポーセリンパーク、有田町歴史民俗資料館・有田焼参考館のほかに県立窯業技術センターや県立有田窯業大学校などがあり、ドイツの陶磁器で知られるマイセンと姉妹都市関係、中国の景徳鎮(けいとくちん)市と友好都市関係をもつ。内山地区には古い町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。面積65.85平方キロメートル、人口2万0148(2015)。[川崎 茂]
『『有田町史』全10巻(1985~1988・有田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有田(町)の関連情報