コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部智恵子 はっとりちえこ

3件 の用語解説(服部智恵子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部智恵子
はっとりちえこ

[生]1908.12.25. ウラジオストク
[没]1984.3.30. 東京
舞踊家。リュジンスキー,E.パブロワに師事,1944年『盲鳥』を振付け,上演し,これが事実上服部・島田バレエ団の旗揚げとなった。第2次世界大戦後,東京バレエ団の創設に参加,次いで 1947年以後は服部・島田バレエ団の活発な公演活動の中心になり,『レダの白鳥』『月光の曲』などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部智恵子 はっとり-ちえこ

1908-1984 昭和時代の舞踊家。
明治41年12月25日ウラジオストク生まれ。リュジンスキーに師事。大正14年帰国,パブロワ-バレエ団にはいる。昭和19年夫島田広と服部・島田バレエ団を結成。戦後,創作バレエ「令嬢ジュリー」などを発表。40年バレエ団を解散して渡仏。46年日本バレエ協会会長。昭和59年3月30日死去。75歳。桃山女学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部智恵子
はっとりちえこ
(1908―1984)

バレリーナ、振付師。ロシアのウラジオストクに生まれる。京都の桃山女学校卒業後、リュジンスキー、エリアナ・パブロワに師事。パブロワ死後、1944年(昭和19)同僚の島田廣(ひろし)(1919―2013)と服部・島田バレエ団を結成。第二次世界大戦後、第一次東京バレエ団による『白鳥の湖』日本初演(1946)で王妃を演じた。創作バレエの上演に意欲を示し、『恋は魔術師』『さまよえる肖像』『令嬢ジュリー』などを発表。1965年(昭和40)バレエ団を解散し、3年間パリに滞在、パリ・バレエ団に参加、1969年に帰国後日本バレエ協会会長になり、後進の指導にあたった。紫綬(しじゅ)褒章(1969)を受章。没後、服部智恵子賞が創設(1985)された。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

服部智恵子の関連キーワード浦塩斯徳webラジオカードラジオラジオカーラジオ局ラジオ3ラジオ ラジオ英会話ラジオスターの悲劇ウラジオストク・ビエンナーレウラジオストク協約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部智恵子の関連情報