コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部智恵子 はっとりちえこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部智恵子
はっとりちえこ

[生]1908.12.25. ウラジオストク
[没]1984.3.30. 東京
舞踊家。リュジンスキー,E.パブロワ師事,1944年『盲鳥』を振付け,上演し,これが事実上服部・島田バレエ団の旗揚げとなった。第2次世界大戦後,東京バレエ団の創設に参加,次いで 1947年以後は服部・島田バレエ団の活発な公演活動の中心になり,『レダの白鳥』『月光の曲』などを発表。 1965年同団を解散し渡仏,A.ガリーナのバレエ団に参加したのち 1969年帰国。 1971年日本バレエ協会の会長に就任した。 1969年紫綬褒章,1977年橘秋子賞を受けた。夫の島田広舞踊家

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部智恵子 はっとり-ちえこ

1908-1984 昭和時代の舞踊家。
明治41年12月25日ウラジオストク生まれ。リュジンスキーに師事。大正14年帰国,パブロワ-バレエ団にはいる。昭和19年夫島田広と服部・島田バレエ団を結成。戦後,創作バレエ「令嬢ジュリー」などを発表。40年バレエ団を解散して渡仏。46年日本バレエ協会会長。昭和59年3月30日死去。75歳。桃山女学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部智恵子
はっとりちえこ
(1908―1984)

バレリーナ、振付師。ロシアのウラジオストクに生まれる。京都の桃山女学校卒業後、リュジンスキー、エリアナ・パブロワに師事。パブロワ死後、1944年(昭和19)同僚の島田廣(ひろし)(1919―2013)と服部・島田バレエ団を結成。第二次世界大戦後、第一次東京バレエ団による『白鳥の湖』日本初演(1946)で王妃を演じた。創作バレエの上演に意欲を示し、『恋は魔術師』『さまよえる肖像』『令嬢ジュリー』などを発表。1965年(昭和40)バレエ団を解散し、3年間パリに滞在、パリ・バレエ団に参加、1969年に帰国後日本バレエ協会会長になり、後進の指導にあたった。紫綬(しじゅ)褒章(1969)を受章。没後、服部智恵子賞が創設(1985)された。[市川 雅・國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

服部智恵子の関連キーワードパヴロワ ナジェージダパヴロワ エリアナ服部 智恵子斎藤友佳理草刈民代昭和時代

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

服部智恵子の関連情報