コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部智恵子 はっとりちえこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部智恵子
はっとりちえこ

[生]1908.12.25. ウラジオストク
[没]1984.3.30. 東京
舞踊家。リュジンスキー,E.パブロワに師事,1944年『盲鳥』を振付け,上演し,これが事実上服部・島田バレエ団の旗揚げとなった。第2次世界大戦後,東京バレエ団の創設に参加,次いで 1947年以後は服部・島田バレエ団の活発な公演活動の中心になり,『レダの白鳥』『月光の曲』などを発表。 1965年同団を解散し渡仏,A.ガリーナのバレエ団に参加したのち 1969年帰国。 1971年日本バレエ協会の会長に就任した。 1969年紫綬褒章,1977年橘秋子賞を受けた。夫の島田広も舞踊家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部智恵子 はっとり-ちえこ

1908-1984 昭和時代の舞踊家。
明治41年12月25日ウラジオストク生まれ。リュジンスキーに師事。大正14年帰国,パブロワ-バレエ団にはいる。昭和19年夫島田広と服部・島田バレエ団を結成。戦後,創作バレエ「令嬢ジュリー」などを発表。40年バレエ団を解散して渡仏。46年日本バレエ協会会長。昭和59年3月30日死去。75歳。桃山女学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部智恵子
はっとりちえこ
(1908―1984)

バレリーナ、振付師。ロシアのウラジオストクに生まれる。京都の桃山女学校卒業後、リュジンスキー、エリアナ・パブロワに師事。パブロワ死後、1944年(昭和19)同僚の島田廣(ひろし)(1919―2013)と服部・島田バレエ団を結成。第二次世界大戦後、第一次東京バレエ団による『白鳥の湖』日本初演(1946)で王妃を演じた。創作バレエの上演に意欲を示し、『恋は魔術師』『さまよえる肖像』『令嬢ジュリー』などを発表。1965年(昭和40)バレエ団を解散し、3年間パリに滞在、パリ・バレエ団に参加、1969年に帰国後日本バレエ協会会長になり、後進の指導にあたった。紫綬(しじゅ)褒章(1969)を受章。没後、服部智恵子賞が創設(1985)された。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

服部智恵子の関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝光緒帝クリーマーイナーマ=シュテルネック

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部智恵子の関連情報