コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝吹英二 あさぶきえいじ

5件 の用語解説(朝吹英二の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

朝吹英二【あさぶきえいじ】

実業家。豊前(ぶぜん)の人。福沢諭吉に愛され慶応義塾に学ぶ。三菱商会支配人,貿易商会取締役を経て,妻の兄中上川彦次郎の招きで1891年鐘淵紡績(現カネボウ)専務となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹英二 あさぶき-えいじ

1849-1918 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)2年2月18日生まれ。福沢諭吉の書生となって慶応義塾でまなぶ。明治11年三菱商会に入社,13年貿易商会に転じる。25年鐘淵(かねがふち)紡績専務。のち三井工業部,三井呉服店の専務理事,王子製紙会長。大正7年1月31日死去。70歳。豊前(ぶぜん)下毛郡(大分県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朝吹英二

没年:大正7.1.31(1918)
生年:嘉永2.2.18(1849.3.12)
明治時代の実業家。三井財閥の経営者で,福沢諭吉系財界人。三井,三菱両財閥の勤務を体験した。豊前国宮園村(大分県耶馬渓町宮園)の庄屋朝吹泰造と幾能の次男。日田,中津,大坂の諸塾に学んだのち,明治3(1870)年,慶応義塾に入学。大坂で攘夷派として福沢暗殺を計画,面談して逆に開国派に転向させられたのが機縁だという。明治8年中上川彦次郎の妹で福沢の姪澄と結婚。11年三菱会社に就職,東京本社に勤務するが,13年福沢が岩崎弥太郎と協力して設立した直貿易(外商の仲介に頼らぬ輸出入)商社・貿易商会に起用され,早矢仕有的社長の下で支配人を務めた。同商会は経営成り立たず,19年経営を中止したので,その整理に当たる一方,福沢の門下生と共に財界,政治活動に従事した。25年には前年に三井銀行役員になり三井財閥の改革を推進していた中上川の招きで三井傘下の鐘淵紡績の専務取締役に就任した。以後,中上川に協力するとともに,三井呉服店(三越),王子製紙等三井系諸企業の役員を歴任,三井財閥本社経営陣の一翼をも担った。44年三井関係の役職をすべて辞任した。長男常吉は帝国生命(朝日生命),三越などの社長を歴任した財界人で,その子女には木琴演奏家英一,フランス文学者三吉,登水子,建築家四郎らの多彩な人材が育った。<参考文献>大西理平編『朝吹英二君伝』

(森川英正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あさぶきえいじ【朝吹英二】

1849‐1918(嘉永2‐大正7)
明治時代の実業家。三井財閥の重役の一人。豊前国下毛郡宮園村(現,大分県下毛郡耶馬渓町)の庄屋泰造の次男。幼名万吉。同村の朝吹彦兵衛の養子となり,鉄之助と改名したが,6年後に実家に復帰。漢学を学んだのち,1870年(明治3)に上京して福沢諭吉邸の玄関番をしつつ慶応義塾で学ぶ。慶応義塾出版社の主任(1872就任)を経て,78年には荘田平五郎の紹介で三菱会社に入社,2年後,諭吉の推挙で貿易商会に移籍して支配人に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝吹英二
あさぶきえいじ
(1849―1918)

実業家。豊前(ぶぜん)国(大分県)下毛郡下郷村宮園に泰造(庄屋)の次男として生まれる。郷里で咸宜(かんぎ)園(1868年入塾)などの有名漢学塾に学ぶ。1870年(明治3)上京、福沢諭吉の書生となり慶応義塾に入塾。1872年慶応義塾出版局に出仕。一時丸屋商社にいたともいうが、1878年三菱(みつびし)商会に入社し、本店支配人を経て1880年貿易商会に移り、取締役兼支配人として直輸出の理想実現に尽力する。1886年同商会事業の事実上の休止により、半浪人生活を余儀なくされたが、義兄中上川(なかみがわ)彦次郎の推挙で鐘(かね)ヶ淵(ふち)紡績に専務取締役として入社。以後、三井呉服店、王子製紙など三井傘下企業の重役、三井合名参事などの重職を歴任した。[浅野俊光]
『伝記編纂会編『朝吹英二君伝』(1928)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝吹英二の関連キーワード益田孝三井高棟三井財閥牧田環三井高朗三井高景三井高公三井高修三井高信向井忠晴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone