コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交詢社 こうじゅんしゃ

6件 の用語解説(交詢社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交詢社
こうじゅんしゃ

1880年1月 25日福沢諭吉が設立した社交クラブ。実業家やジャーナリストが主となって,「国会開設」や「閥族打破憲政擁護」の運動を進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうじゅん‐しゃ〔カウジユン‐〕【交詢社】

日本最初の社交クラブ。明治13年(1880)福沢諭吉が設立。慶応義塾関係の実業家を主要会員として現在に至っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

交詢社【こうじゅんしゃ】

福沢諭吉らが1880年に創立した,慶応義塾出身者および縁故実業家の社交クラブ。《交詢雑誌》を発行して知識交換・世務諮詢を行った。発足当初1800名。新聞人や政界人の出入りが多く憲政擁護運動策源地となった。
→関連項目朝吹英二

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうじゅんしゃ【交詢社】

1880年1月創立の社交クラブ。前年9月福沢諭吉,小幡篤次郎矢野文雄(竜渓),馬場辰猪ら31名が会合して創設を決定したもの。中心メンバーは福沢(常議員会長),小幡(幹事)以下の慶応義塾関係者で,〈知識を交換し世務を諮詢する〉ことを目的にかかげた。たんなる社交クラブにとどまらず,立志社―愛国社系の自由民権運動に対抗するという政治的ねらいをもっていたとみられる。全国的な組織活動の結果,発足時1800名の社員を擁し,構成員は地主・豪農層や商工業者,銀行家,官吏,学者,言論人,教員など,中央・地方の有力者であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうじゅんしゃ【交詢社】

1880年(明治13)、福沢諭吉によって創立された社交クラブ。慶応義塾関係者を中心とした実業家の団体。「交詢雑誌」を発行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交詢社
こうじゅんしゃ

1880年(明治13)に福沢諭吉をはじめ、小幡篤次郎(おばたとくじろう)、馬場辰猪(たつい)、矢野文雄(ふみお)らの慶応義塾関係者によって設立された社交クラブ。知識の交換と世務の諮詢(しじゅん)とを会の目的として、『交詢雑誌』を発刊。政治的には自由党と対立、81年私擬憲法として交詢社憲法案を発表、翌年結成された立憲改進党の有力な支持基盤となる。その後、門野幾之進(かどのいくのしん)、朝吹英二(あさぶきえいじ)、鎌田栄吉(かまたえいきち)らが中心となり、著名な社員には、三井財閥系の中上川(なかみがわ)彦次郎、武藤山治(むとうさんじ)、池田成彬(なりあき)らの実業家、尾崎行雄(ゆきお)、竹越与三郎(よさぶろう)、犬養毅(いぬかいつよし)、箕浦勝人(みのうらかつんど)などの政治家、本多精一(せいいち)、小山完吾(こやまかんご)らのジャーナリストがいた。大正政変(1913)の際に憲政擁護会を結成して、第一次護憲運動の指導的役割を果たした。社交クラブとして現在に至っている。[栄沢幸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の交詢社の言及

【小幡篤次郎】より

…藩校進修館の塾長を務めたが,1864年(元治1)上京,同郷の福沢諭吉の門に英学を学び,66年福沢家塾塾頭,幕府開成学校英学助教となる。77年欧米漫遊,のち交詢社の結成,明治生命保険会社創立に尽くし,また立憲改進党結成に参画した。東京学士院会員,貴族院勅選議員,貨幣制度調査委員となり,日本郵船,鐘淵紡績の役員などを兼ねるが,福沢に寄り添い慶応義塾の経営に精魂を傾け,90年塾長となった。…

【クラブ】より

………江湖の諸君子,貴賤貧富の別なく,続々来舎して其楽みを洪ひにせよ〉(《明治事物起源》)とある。また,福沢は80年慶応義塾の出身者,縁故者を多く有して結成された,交詢社発会の中心人物でもあった。明治10年代に入ると各地,各階層にクラブが結成されるようになるが,その性格も必ずしも社交機関としてのクラブだけではなかった。…

【地方結社】より

… 最後に,都市結社は厳密には地方結社と異なるが,都市を中心としながら地方への広がりをもったものも多い。慶応義塾関係者が結成した社交団体である交詢社(1880年創立,福沢諭吉・矢野文雄(竜渓)・小幡篤次郎ら,創立時会員1800余)や《東京横浜毎日新聞》を拠点として関東一円から東北地方南部にまで支社の網をはった嚶鳴社(おうめいしや)(1873年法律講習会として創立,沼間守一・肥塚竜・島田三郎ら,社員1000余)は,当時最大の知識人集団であり,地方政治運動の喚起に大きな力をもった。このほか留学帰朝者が組織した共存同衆(1874年創立,小野梓・馬場辰猪ら)や,中江兆民の仏学塾(1874年創立)は民権思想の普及に貢献した。…

※「交詢社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

交詢社の関連キーワード二院クラブ日本ペンクラブ文芸倶楽部ロータリークラブサパークラブナイトクラブクラブ洗粉ペンの日森下八左衛門クラブレングス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交詢社の関連情報