コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木タール もくタールwood tar

翻訳|wood tar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木タール
もくタール
wood tar

木材の乾留により得られる2層の液体のうちの下層部のもので,沈底木タールまたは重木タールともいわれる。黒褐色粘稠な液体で,成分は原木の種類,操作法,装置などによって異なるが,フェノール類をはじめ多くの化合物から成っている。分留してクレオソート軽油重油ピッチなどに分け溶剤,燃料や防腐剤などに利用されたが,現在はこのような利用法はほとんど行われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木タール【もくタール】

木材の乾留によって得られる黒褐色の粘性のある液体。ともに留出する木酢液から放置または蒸留により分離する。各種の高級炭化水素,フェノール類のほか,酢酸などの有機酸を含む。
→関連項目タールピッチ木材乾留

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくタール【木タール wood tar】

木材乾留製炭のとき発生するガスを冷却すると液状物が生ずるが,そのうち木酢液をとった残りである。広葉樹木タールの場合,軟ピッチ65%が主成分で,重油(比重1.04)10%,軽油(比重0.97)5%などが含まれる。これらは木材に存在したものではなく,木材成分が熱で分解し,一部はさらに重合して生じたものである。重油のうち200~220℃で蒸留される部分(比重1.03~1.09)はグアヤコールなどフェノール成分の混合物で,クレオソートと呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もくタール【木タール】

木材を乾留して得られる黒褐色の油状物質。芳香族炭化水素・フェノール類のほか、酢酸なども含む。分留して防腐用塗料・薬剤に用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木タール
もくたーる
wood tar

木材を乾留して得られる液体を静置すると二層に分かれるが、そのうちの上層を木酢(もくさく)といい、下層の黒褐色の粘液を木タールという。木タールは上層の木酢に一部溶けているが、これは可溶性木タールまたは軽木タールといい、これに対し下層の木タールは重木タールという。木タールの主成分は、フェノール、クレゾール、グアヤコールなどのフェノール類、酢酸メチルなどのエステル、バレルアルデヒド、プロピオンアルデヒドなどのアルデヒド、そのほかアルコール、ケトン、塩基、フラン、ラクトンなど多種類の化合物を含んでいる。古くは分留して、軽油、重油およびピッチなどに分け、軽油は溶剤や燃料に供し、重油は防腐剤に供したり、あるいはこれからクレオソートを製造したりしたが、現在はまったく行われていない。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木タールの言及

【タール】より

…有機化合物を熱分解したときに得られる黒褐色の粘稠な液体をいう。石炭を乾留したときのコールタール,木材を乾留したときの木タールなどはその例である。主成分は芳香族性の炭化水素であるが,そのほかに酸素,窒素,硫黄などを含む有機化合物(酸性または塩基性を示す)も含まれている。…

※「木タール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木タールの関連キーワードカイガンショウ(海岸松)薬用セッケン(石鹸)電力ケーブルコールタールフィンランドクレゾール林産製品ウーメオウーメ川キシレンオウル林産物薬剤木炭