コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木酢 もくさくwood vinegar

翻訳|wood vinegar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木酢
もくさく
wood vinegar

木材を乾留して得られる液体は2層になるが,そのうちの上層部を木酢という。主としてメチルアルコール酢酸から成るが,ほかにギ酸などの低級脂肪酸,酢酸メチル,ホルムアルデヒド,アセトアルデヒド,フルフラール,アセトン,メチルエチルケトン,ジエチルケトン,アンモニア,メチルアミン,ピリジン,トルエン,キシレンなど数多くの有機化合物が含まれている。この木酢は,かつては毛皮のなめしに用いられ,メチルアルコールや酢酸の製造にも利用されたが,現在ではほとんど用いられていない。 (→木タール )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きず【木酢】

ユズ・ダイダイなどから搾り取った酢。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木酢
もくさく
wood vinegarpyroligneous acid

木材を乾留して得られる液体を静置すると二層に分かれるが、そのうちの上層を木酢あるいは木酢液といい、下層を木タールという。木酢には木タールの一部が、木タールには木酢の一部が溶けている。木酢は黒褐色の特有な刺激臭のある液体で、80~90%が水であるが、その他の主成分は、ギ酸、酢酸その他のカルボン酸、メタノール(メチルアルコール)、アリルアルコールなどのアルコール、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、フルフラールなどのアルデヒド、アセトン、エチルメチルケトンなどのケトン、アンモニア、ピリジンなどの塩基、トルエン、キシレンなどの炭化水素などである。通常、乾留液から木タールを除き、木酢液を石灰乳で中和してから蒸留し、比重1以下の留分を集めて精製してメタノールを取り出し、残液は蒸発乾燥して酢石にし、これから酢酸またはアセトンを得ることができるが、現在工業的にはこれらの方法は行われていない。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木酢 (キズ)

植物。ミカン科の常緑低木,園芸植物。スダチの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

木酢の関連キーワード森林バイオマスクレオソート麓山高原豚日向(市)伊勢赤どり木酢・木醋杉浦銀治森林どり鉄媒染剤木材乾留林産製品みえ豚へべす液燻木炭液薫薫製

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木酢の関連情報