コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木酢 もくさく wood vinegar

翻訳|wood vinegar

6件 の用語解説(木酢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木酢
もくさく
wood vinegar

木材を乾留して得られる液体は2層になるが,そのうちの上層部を木酢という。主としてメチルアルコールと酢酸から成るが,ほかにギ酸などの低級脂肪酸酢酸メチルホルムアルデヒドアセトアルデヒドフルフラールアセトンメチルエチルケトン,ジエチルケトンアンモニアメチルアミンピリジントルエン,キシレンなど数多くの有機化合物が含まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐ず【木酢】

ユズ・ダイダイなどの果実の絞り汁。料理に酢として使用する。 秋》

もく‐さく【木酢/木×醋】

木材の乾留で得られる、酢酸を多量に含む液。メチルアルコールアセトンなども含む。防腐剤などに使用。木酢酸。木酢液。もくす。

もく‐す【木酢】

もくさく(木酢)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きず【木酢】

ユズ・ダイダイなどから搾り取った酢。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木酢
もくさく
wood vinegarpyroligneous acid

木材を乾留して得られる液体を静置すると二層に分かれるが、そのうちの上層を木酢あるいは木酢液といい、下層を木タールという。木酢には木タールの一部が、木タールには木酢の一部が溶けている。木酢は黒褐色の特有な刺激臭のある液体で、80~90%が水であるが、その他の主成分は、ギ酸、酢酸その他のカルボン酸メタノール(メチルアルコール)、アリルアルコールなどのアルコール、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、フルフラールなどのアルデヒド、アセトン、エチルメチルケトンなどのケトン、アンモニア、ピリジンなどの塩基、トルエン、キシレンなどの炭化水素などである。通常、乾留液から木タールを除き、木酢液を石灰乳で中和してから蒸留し、比重1以下の留分を集めて精製してメタノールを取り出し、残液は蒸発乾燥して酢石にし、これから酢酸またはアセトンを得ることができるが、現在工業的にはこれらの方法は行われていない。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木酢の関連キーワードコークス炉骨炭コールタール獣炭松根油低温乾留樺の油木ガス頁岩油樹脂油

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木酢の関連情報