コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木ノ芽峠 きノめとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木ノ芽峠
きノめとうげ

福井県中央部,敦賀市南越前町との境にある峠。標高 628m。北陸的な嶺北と京都的な嶺南とに県を二分する木ノ芽山地を越える。天長7 (830) 年に開かれた北陸道の主要な峠であったが,1885年海岸沿いに新しく北陸街道 (現国道8号線) が開かれて以来すたれた。峠道はハイキングコースとなり,真下を JR北陸本線の北陸トンネルが通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きのめ‐とうげ〔‐たうげ〕【木ノ芽峠】

福井県の敦賀市と南越前町の境にある峠。標高628メートル。古来、近畿と北陸を結ぶ交通の要地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木ノ芽峠【きのめとうげ】

福井県敦賀(つるが)市北東約10km,鉢伏山中にある峠。標高628m。830年に開かれたとされ,大和文化が越(こし)の国へはいる道筋であった。江戸時代には番所と茶屋が置かれていた。
→関連項目今庄[町]福井[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きのめとうげ【木ノ芽峠】

福井県南部,敦賀市と今庄町の境にあり,県を嶺南と嶺北に二分する峠。標高628m。古来近畿から北陸へ入る陸路の関門で,《日本紀略》に830年(天長7)越前国百姓上毛野陸奥公が開くというが,嶮道のため古代北陸道がここを越えたかは不明である。中世には源平両軍,道元新田義貞,蓮如らが越え,信長と朝倉勢,一向一揆の戦場となった。明治以降,国道8号線が敦賀湾沿いを通り廃道に近いが,石畳と秀吉拝領の釜をもつ茶屋が残り,北側に言奈(いうな)地蔵がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きのめとうげ【木ノ芽峠】

福井県敦賀つるが市北東、南条郡南越前みなみえちぜん町との境にある峠。海抜628メートル。古来、畿内から若狭わかさを経て北陸に通じる街道の難所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕木ノ芽峠(きのめとうげ)


福井県中部、敦賀(つるが)市と南越前(みなみえちぜん)町の境をなす峠。県内を嶺北(れいほく)・嶺南(れいなん)の両地方に分ける。鉢伏(はちぶせ)山(標高762m)とその南東約900mの無名峰(同643m)の間の鞍部(あんぶ)をいうが、現在はほとんど廃道になっている。南東約500mをJR北陸本線の北陸トンネルが抜け、さらに2004年(平成16)に国道476号木ノ芽峠トンネルが開通した。古代からの重要な交通路だったが、迂回(うかい)路やトンネルの開通によってさびれた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木ノ芽峠
きのめとうげ

福井県敦賀(つるが)市と南条郡南越前(みなみえちぜん)町の境にある峠。標高628メートル。古代から近畿より北陸へ入る関門で、現在は北陸トンネルが直下を通る。『日本紀略』830年(天長7)に鹿蒜(かひる)山に開かれた嶮道(けんどう)がこの峠という。古代の北陸道は松原駅(敦賀)から敦賀湾東岸に渡り山越えしたが、鹿蒜駅の位置が不明で、この峠を越えたかどうかわからない。南越前町の新道(しんどう)地区からこの峠にかけての山地を現在は帰山(かえるやま)というが、一説には敦賀市五幡(いつはた)の背後ともいう。中世からは新保(しんぼ)(敦賀市)を通る陸路がとられ、この峠は源平両軍、道元、新田義貞(にったよしさだ)、蓮如(れんにょ)らが越え、織田信長と朝倉勢・一向一揆(いっこういっき)の戦場となった。峠には石畳道と豊臣(とよとみ)秀吉が与えた釜(かま)をもつ茶屋が残り、北にやや下ると言奈(いうな)地蔵がある。なお、福井県は、この峠のある山地で嶺南(れいなん)、嶺北(れいほく)の二大生活圏に分かれる。JR北陸本線南今庄駅下車、徒歩2時間。[島田正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木ノ芽峠の関連キーワード福井県南条郡南越前町二ツ屋福井県南条郡南越前町板取南越前(町)今庄[町]敦賀(市)栃ノ木峠交通路迂回鞍部畿内五幡南東

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android