コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木屋瀬 こやのせ

2件 の用語解説(木屋瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木屋瀬
こやのせ

福岡県北東部,北九州市南西部の旧町域。 1898年町制施行。 1955年八幡市に編入。 1963年門司市,小倉市,若松市,戸畑市の4市と合体して北九州市となり八幡区に編入。 1974年八幡区の分割により八幡西区に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木屋瀬
こやのせ

福岡県北九州市八幡(やはた)西区南西部の一地区。旧木屋瀬町。旧宿場町。地名は、寺の再興用木材を当地の木屋に貯蔵したことによるといわれる。江戸時代には筑前六宿(ちくぜんむしゅく)の一つとして栄え、番所、御茶屋があった。その後、遠賀(おんが)川の河港、市場町として発達、炭鉱も開発されたが、廃山されたため現在では住宅地となっている。筑豊(ちくほう)電気鉄道が通じる。8月に行われる木屋瀬盆踊(宿場踊)は県指定無形民俗文化財。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木屋瀬の関連情報