木屋瀬(読み)こやのせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木屋瀬
こやのせ

福岡県北東部,北九州市南西部の旧町域。1898年町制。1955年八幡市に編入。1963年門司市,小倉市,若松市,戸畑市の 4市と合体して北九州市となり八幡区に編入。1974年八幡区の分割により八幡西区に編入。江戸時代に長崎街道宿場町として発展し,黒崎(八幡西区),飯塚,内野(いずれも飯塚市),山家,原田(いずれも筑紫野市)とともに筑前六宿を形成した。宿場の両端を示す構口跡,宿場踊りにその名残りをとどめる。明治中期から中小炭鉱が開かれ,石炭の町,河港として繁栄したが,遠賀川水運の衰退,石炭産業の不振により活気を失った。その後は北九州工業地域の住宅地となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木屋瀬
こやのせ

福岡県北九州市八幡(やはた)西区南西部の一地区。旧木屋瀬町。旧宿場町。地名は、寺の再興用木材を当地の木屋に貯蔵したことによるといわれる。江戸時代には筑前六宿(ちくぜんむしゅく)の一つとして栄え、番所、御茶屋があった。その後、遠賀(おんが)川の河港、市場町として発達、炭鉱も開発されたが、廃山されたため現在では住宅地となっている。筑豊(ちくほう)電気鉄道が通じる。8月に行われる木屋瀬盆踊(宿場踊)は県指定無形民俗文化財。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木屋瀬の関連情報