コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末吉[町] すえよし

百科事典マイペディアの解説

末吉[町]【すえよし】

鹿児島県東部,曾於(そお)郡の旧町。畑作農業地域で,サツマイモ栽培,畜産を行うほか,茶,タバコを産する。食肉工場も立地,県東部の肉牛生産の中心地になっている。縫製工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すえよし【末吉[町]】

鹿児島県東部,曾於郡の町。人口2万0746(1995)。北は宮崎県都城市に接する。東部に山地があるほかは大部分がシラス台地で,中央部を北流する大淀川沿いに沖積低地があり,都城盆地に連なる。国道10号,269号線が通じ,都城市との関係が密接で,同市の経済圏に属している。鹿児島県の畜産中心地の一つであり,末吉牛として知られる肉牛の肥育・生産が盛ん。1971年には大規模な食肉処理場が設置され,鹿児島・宮崎両県の肉畜供給基地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android