コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橿原遺跡 かしはらいせき

3件 の用語解説(橿原遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橿原遺跡
かしはらいせき

奈良県橿原市橿原神宮外苑にあり,縄文時代から歴史時代にわたる各時代の遺跡群。特に,縄文時代晩期の遺物が豊富であり,多量の土偶,木製大型鉢,彫刻のある鹿角製大型鉤などが発掘されている。また,弥生時代の遺物や,土師器 (はじき) ,須恵器を伴う遺構,和同開珎や墨書土器を出土した井戸などが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしはらいせき【橿原遺跡】

奈良県橿原市畝傍(うねび)町にある縄文時代後・晩期,弥生時代中・後期,古墳時代平安時代複合遺跡。畝傍山南東麓の洪積台地と低地にまたがる10万m2以上の範囲に広がっている。1938‐41年に,橿原神宮外苑の整備拡張工事に伴って,末永雅雄らによって発掘された。縄文時代遺物の包含層は,中央地域にあり,イチイガシなどの樹林跡が発見されている。出土した土器は後期宮滝式から晩期一条凸帯文土器までであり,東北地方亀ヶ岡式土器(大洞B・BC・C1式)が伴出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橿原遺跡
かしはらいせき

奈良県橿原市畝傍(うねび)町にある縄文時代晩期を中心とする集落遺跡。1938年(昭和13)に皇紀2600年記念の橿原神宮外苑拡張事業に伴い橿原考古学研究所によって調査された。橿原式土器の標式遺跡であるとともに、東北地方に分布する大洞(おおぼら)式土器の多量出土は、広域の文化交流を考える契機となった。大洞式土器は晩期中葉(C2式以降)に大きく変化しており、この段階に奈良盆地に弥生(やよい)文化が伝播(でんぱ)したことが類推できる。[石野博信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橿原遺跡の関連情報