コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札幌バンド さっぽろバンド

5件 の用語解説(札幌バンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

札幌バンド
さっぽろバンド

W.S.クラークや M.C.ハリスの影響を受けて入信した札幌農学校の学生たちをいう。クラークは農学校で学問を教える一方で,聖書を全学生に配布してキリスト教を教えた。 1876年帰国するにあたり「イエスを信ずる者の誓約」をつくり署名を求め,これに 33名の学生が応じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さっぽろ‐バンド【札幌バンド】

明治初期にクラークの感化を受けてキリスト教に入信した札幌農学校の学生のグループ新渡戸稲造内村鑑三宮部金吾ら18名が明治9年(1876)に結成。横浜バンド熊本バンドと並んで日本のプロテスタントの三大源流の一つとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さっぽろバンド【札幌バンド】

1876年に発足した札幌農学校に学び,その教頭W.S.クラークが残したキリスト教の遺産と科学的精神を自覚的にうけとり,学生時代に結成した札幌教会にみる自由・独立の精神を共有していった第1期,第2期の人たち。彼らの中から北海道開拓のみならず,日本の宗教界,教育界に活躍した人たちが現れた。伊藤一隆佐藤昌介,内田瀞,大島正健新渡戸稲造宮部金吾内村鑑三,広井勇らである。【土肥 昭夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さっぽろバンド【札幌バンド】

札幌農学校のクラークの影響で、イエスを信ずる者の契約に署名した、内村鑑三・新渡戸稲造らの集団。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

札幌バンド
さっぽろばんど

1876年(明治9)、北海道開拓使長官黒田清隆(きよたか)の招きで来日したアメリカ人農学者・教育家クラークの指導下に入信した札幌農学校のプロテスタント学生グループ。彼らはクラークの離日に際して「耶蘇(やそ)を信ずる者の誓約」(1877)に署名して生涯の信仰を誓い、これに対してクラークが「青年よ、大望を抱け!」と激励したことは有名。農学校1期生に佐藤昌介(しょうすけ)、大島正健(まさたけ)ら15人、2期生に内村鑑三(かんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、宮部金吾、広井勇ら18人を数える。このなかからはキリスト教界、学界、政界を指導する有為の人物が輩出した。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

札幌バンドの関連キーワード札幌農学校北海道大学札幌市時計台佐藤昌介大脇正諄ブリガムペンハローホイラー森源三渡瀬寅次郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

札幌バンドの関連情報