コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札幌バンド さっぽろバンド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

札幌バンド
さっぽろバンド

W.S.クラークや M.C.ハリスの影響を受けて入信した札幌農学校の学生たちをいう。クラークは農学校で学問を教える一方で,聖書を全学生に配布してキリスト教を教えた。 1876年帰国するにあたり「イエスを信ずる者の誓約」をつくり署名を求め,これに 33名の学生が応じた。クラークの帰国後,ハリスの指導を受け,77年には佐藤昌介大島正健ら,78年には内村鑑三新渡戸稲造らが受洗した。このなかから教会,学界の指導的人物が多く出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さっぽろバンド【札幌バンド】

1876年に発足した札幌農学校に学び,その教頭W.S.クラークが残したキリスト教の遺産と科学的精神を自覚的にうけとり,学生時代に結成した札幌教会にみる自由・独立の精神を共有していった第1期,第2期の人たち。彼らの中から北海道開拓のみならず,日本の宗教界,教育界に活躍した人たちが現れた。伊藤一隆,佐藤昌介,内田瀞,大島正健,新渡戸稲造,宮部金吾,内村鑑三,広井勇らである。【土肥 昭夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さっぽろバンド【札幌バンド】

札幌農学校のクラークの影響で、イエスを信ずる者の契約に署名した、内村鑑三・新渡戸稲造らの集団。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

札幌バンド
さっぽろばんど

1876年(明治9)、北海道開拓使長官黒田清隆(きよたか)の招きで来日したアメリカ人農学者・教育家クラークの指導下に入信した札幌農学校のプロテスタント学生グループ。彼らはクラークの離日に際して「耶蘇(やそ)を信ずる者の誓約」(1877)に署名して生涯の信仰を誓い、これに対してクラークが「青年よ、大望を抱け!」と激励したことは有名。農学校1期生に佐藤昌介(しょうすけ)、大島正健(まさたけ)ら15人、2期生に内村鑑三(かんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、宮部金吾、広井勇ら18人を数える。このなかからはキリスト教界、学界、政界を指導する有為の人物が輩出した。[金井新二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

札幌バンドの関連キーワードバンド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札幌バンドの関連情報