コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本栄一 すぎもとえいいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉本栄一
すぎもとえいいち

[生]1901.8.9. 東京
[没]1952.9.24. 東京
経済学者。 1925年東京商科大学 (現一橋大学) 卒業後,29~32年ドイツに留学,帰国後母校の教授。日本の計量経済学分野の先駆的労作『米穀需要法則の研究』 (1935) を刊行し,また経済をおもに静態でとらえる当時の日本の学界に反発し,『理論経済学の基本問題』 (39) で経済過程の動態的把握の必要性を強調。第2次世界大戦後の『近代理論経済学とマルクス経済学』 (47) に始る一連の論文は,日本における「近代経済学」という用語の定着や近経・マル経論争に大きな役割を果した。『近代経済学史』 (53) の校正中に狭心症のため急逝。ほかに『近代経済学の解明』 (2巻,50) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すぎもと‐えいいち【杉本栄一】

[1901~1952]経済学者。東京の生まれ。東京商科大教授。計量経済学導入の先駆者近代経済学マルクス経済学の統合を試み、両者の論争を奨励した。著作に「近代経済学の解明」「近代経済学史」「米穀需要法則の研究」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本栄一 すぎもと-えいいち

1901-1952 昭和時代の経済学者。
明治34年8月9日生まれ。昭和4年ドイツに留学,帰国後母校東京商大(現一橋大)の教授。計量経済学に着眼,戦後は近代経済学・マルクス経済学論争におおきな役割をはたした。昭和27年9月24日死去。51歳。東京出身。著作に「米穀需要法則の研究」「近代経済学の解明」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎもとえいいち【杉本栄一】

1901~1952) 経済学者。東京生まれ。東京商大教授。マルクス経済学から出発して一般均衡論批判を展開。計量経済学導入の先駆者。著「近代経済学の解明」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉本栄一
すぎもとえいいち
(1901―1952)

理論経済学者。明治34年8月9日、東京に生まれる。府立一中を経て1925年(大正14)東京商科大学(現一橋大学)を卒業。29年(昭和4)から32年にかけてベルリンに留学し、帰国後、母校の教授となり、経済原論を担当した。昭和27年9月24日急逝。おもな業績としては、『米穀需要法則の研究』(1935)、『理論経済学の基本問題』(1939)、『統制経済の原理』(1943)、『近代経済学の解明』上中(1950)、『近代経済学史』(1953、遺著)などの著作のほか、編訳『マーシァル・経済学選集』(1940)がある。
 主体的唯物論への注目、ケンブリッジ学派による一般均衡理論の批判、自由経済から統制経済への移行原理の探究という第二次世界大戦以前からの立場は、戦後大きく開花し、マルクス経済学と近代経済学の「切瑳琢磨(せっさたくま)」をうたう学派の代表となる。サミュエルソン‐ヒックス型の均衡論的景気変動論より、ハロッド‐ドーマー型の矛盾理論を評価しながらも、「体制転換の主体の物質的諸条件の確定をも含めて、一般に『資本関係』再生産の規定過程に関するポジティブな研究こそ、マルクス『経済学批判』の最後の目標である」とした。[宮崎犀一]
『『近代経済学の解明』全2冊(岩波文庫) ▽『近代経済学史』(1953・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

杉本栄一の関連キーワードシュルツ(Henry Schultz)ロッシャー宮崎義一伊東光晴昭和時代杉本

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉本栄一の関連情報