村山 龍平(読み)ムラヤマ リョウヘイ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「村山 龍平」の解説

村山 龍平
ムラヤマ リョウヘイ


肩書
衆院議員,貴院議員(勅選),朝日新聞創業者

別名
号=香雪

生年月日
嘉永3年4月3日(1850年)

出生地
伊勢国田丸(現・三重県)

経歴
国学者の子に生まれ、大阪で西洋雑貨店を経営していたが、明治12年に大阪朝日新聞の創業に際して社主となり、14年からは上野理一との共同経営で社長に。21年には星亨の「めざまし新聞」を買収して「東京朝日新聞」を創刊、長谷川如是閑らを招いてその個性を発揮させ、政論紙からニュース本位の新聞に脱皮。また販売網の整備に努めた。31年東西朝日を経営上合併してから上野交代で朝日新聞社長に就任。大正7年の米騒動関係の白虹筆禍事件で社長を一時退任したが、翌8年株式会社に改組、以後没年まで社長を務めた。明治24年から衆院議員に当選3回、昭和5年には貴族院議員に勅選されている。

没年月日
昭和8年11月24日

家族
長女=村山 於藤(香雪美術館理事長) 孫娘=村山 美知子(朝日新聞社社主)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「村山 龍平」の解説

村山 龍平 (むらやま りょうへい)

生年月日:1850年4月3日
明治時代-昭和時代の新聞人
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

20世紀日本人名事典「村山 龍平」の解説

村山 龍平
ムラヤマ リョウヘイ

明治〜昭和期の新聞人 朝日新聞創業者;衆院議員;貴院議員(勅選)。



生年
嘉永3年4月3日(1850年)

没年
昭和8(1933)年11月24日

出生地
伊勢国田丸(現・三重県)

別名
号=香雪

経歴
国学者の子に生まれ、大阪で西洋雑貨店を経営していたが、明治12年に大阪朝日新聞の創業に際して社主となり、14年からは上野理一との共同経営で社長に。21年には星亨の「めざまし新聞」を買収して「東京朝日新聞」を創刊、長谷川如是閑らを招いてその個性を発揮させ、政論紙からニュース本位の新聞に脱皮。また販売網の整備に努めた。31年東西朝日を経営上合併してから上野と交代で朝日新聞社長に就任。大正7年の米騒動関係の白虹筆禍事件で社長を一時退任したが、翌8年株式会社に改組、以後没年まで社長を務めた。明治24年から衆院議員に当選3回、昭和5年には貴族院議員に勅選されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android