コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山論 さんろん

8件 の用語解説(山論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山論
さんろん

「やまろん」ともいう。江戸時代,山林,原野などの帰属,利用権をめぐる争論。初期には検地による近世的村落成立の際の境界決定をめぐるものが多く,この場合,山林,原野自体の帰属を争うことが多かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山論
やまろん

「山論 (さんろん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ろん【山論】

山野の境界・利用をめぐる村落間の争論。江戸時代に頻発し、耕地開発の進展による、山野を供給源とする刈り敷き秣(まぐさ)などの肥料の不足から生じる場合が多い。やまろん。

やま‐ろん【山論】

さんろん(山論)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山論【さんろん】

江戸時代,山林,原野など入会(いりあい)地の境界や用益をめぐる村落間の紛争のこと。紛争は通常,領主に訴え奉行所の裁許によって決するが,広域にわたる時は幕府評定所の裁許によることが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんろん【山論】

〈やまろん〉ともいう。山林原野の用益をめぐって発生する紛争。山野利用の具体的な内容は,(1)果実等の採取,(2)狩猟,(3)薪炭等の燃料,(4)建築用材,(5)薬や染料,(6)飼料,(7)肥料,(8)鉱物等地下資源,(9)灌漑用水等,実に多様であり,かつ農民の生活と生産の再生産にとって非常に重要なものであった。
[中世]
 古代では養老令の雑令に〈山川藪沢の利,公私之(これ)を共にせよ〉と規定があり,一時的な占有は認められても,特定の人が永続的,排他的に占有することは排除されるべきものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんろん【山論】

中世・近世、山の所有権・利用権や境界についての紛争。やまろん。

やまろん【山論】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の山論の言及

【山論】より

…例えば1199年(正治1)の伊賀国黒田荘と大和国長瀬荘の境相論では,〈山野谿谷の習,際目(境目)の不審出来するの日,其沙汰煩多し〉と述べられている。こうした解決困難な中世の山論では,次のような慣習法が形成された。すなわち,(1)まず文書などによって相手方に山への立入りを禁止する通告をし,(2)それを無視して侵犯したものに対しては鎌や斧などの道具を取り上げた。…

※「山論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山論の関連情報