コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京銀行[株] とうきょうぎんこう

百科事典マイペディアの解説

東京銀行[株]【とうきょうぎんこう】

横浜正金銀行の後身の普通銀行として1946年設立。1954年外国為替銀行法施行とともに日本唯一の外国為替専門銀行となり,1962年から円資金調達のため金融債を発行。
→関連項目外国為替銀行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうぎんこう【東京銀行[株]】

世界各地に店舗網をもつ日本唯一の外国為替専門銀行(外国為替銀行)であったが,1996年三菱銀行と合併,東京三菱銀行となり,外為専門銀行ではなくなった。東京銀行は,1880年の国立銀行条例に基づいて設立された横浜正金銀行がその母体となっていた。創立当初,日本の外国為替取引はすべて外国銀行の手にあったが,87年の横浜正金銀行条例の制定により,名実ともに外国為替特別銀行としての地位を確立した。 第2次大戦後,横浜正金銀行は他の特殊銀行とともに閉鎖機関に指定されたが,GHQの承認を得て普通銀行へ改組され,1947年新たに(株)東京銀行として設立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東京銀行[株]の言及

【外国為替銀行】より

…外国為替業務は本来銀行業務の一つであるが,一般の国内銀行業務と異なる面も多く,国際金融取引の秩序を維持する見地などから,多くの国において外国為替業務を営める銀行を公認・指定している。日本においては,第2次大戦後1998年3月までは外国為替銀行法(1954公布)に基づいて免許された外国為替銀行(これを通称〈外国為替専門銀行〉という)である東京銀行(1996年4月,東京三菱銀行となり,外国為替専門銀行ではなくなった)と,〈外国為替及び外国貿易管理法〉に基づいて外国為替業務の取扱いが認可された銀行・金融機関を総称して外国為替公認銀行といい,通常これらの銀行を外国為替銀行と呼んできた(狭義の外国為替銀行は,日本においてはかつての東京銀行のみであった)。外国為替公認銀行は,広範な外国為替業務を行うほか,政府の委任を受けて輸出報告書の受理,輸入の承認,輸入報告書の受理など行政事務の一部を代行していた。…

【横浜正金銀行】より

…そればかりか太平洋戦争期には,対中国連合準備銀行,儲備(ちよび)銀行との預合い協定等の当事者,あるいは日本の勢力圏内決済機構たる特別円制度の運営機関として,〈大東亜金融圏〉の中核に位置するに至った。第2次大戦後,連合軍の勧奨もあって普通銀行に改組され,46年1月(株)東京銀行として再発足した。東京銀行【山崎 広明】。…

※「東京銀行[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東京銀行[株]の関連キーワード三菱銀行[株]

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android