東栄[町](読み)とうえい

百科事典マイペディアの解説

東栄[町]【とうえい】

愛知県北東部,美濃三河高原中の北設楽(きたしたら)郡の町。中心集落本郷は信濃と三河を結ぶ別所街道(現国道151号線)の旧宿場町南端に飯田線が通じる。大部分山林で,農林業を営み,木材加工も行う。シイタケコンニャクを特産。花祭が伝わる。123.38km2。3757人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうえい【東栄[町]】

愛知県東部,北設楽(きたしたら)郡の町。人口5124(1995)。木曾山脈南端に位置し,南東は静岡県に接する。振草川流域を占める農林業の町で,中央部を貫流する大千瀬川の段丘上に中心地本郷があり,江戸時代は信濃と三河を結ぶ別所街道(現,国道151号線)の宿場町として栄えた。町域の大部分は山林で,杉,ヒノキなどの良材やシイタケを産する。米作に加えて,茶栽培やブロイラー飼養も行われている。古くから製材業やセリサイト(絹雲母)鉱業が盛んであるが,近年自動車部品,縫製加工などの工場も進出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android