コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東栄[町] とうえい

百科事典マイペディアの解説

東栄[町]【とうえい】

愛知県北東部,美濃三河高原中の北設楽(きたしたら)郡の町。中心集落本郷は信濃と三河を結ぶ別所街道(現国道151号線)の旧宿場町南端に飯田線が通じる。大部分山林で,農林業を営み,木材加工も行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうえい【東栄[町]】

愛知県東部,北設楽(きたしたら)郡の町。人口5124(1995)。木曾山脈南端に位置し,南東は静岡県に接する。振草川流域を占める農林業の町で,中央部を貫流する大千瀬川の段丘上に中心地本郷があり,江戸時代は信濃と三河を結ぶ別所街道(現,国道151号線)の宿場町として栄えた。町域の大部分は山林で,杉,ヒノキなどの良材シイタケを産する。米作に加えて,茶栽培やブロイラー飼養も行われている。古くから製材業やセリサイト(絹雲母)鉱業が盛んであるが,近年自動車部品,縫製加工などの工場も進出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東栄[町]の関連キーワード花祭(民俗)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android