コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農政審議会 のうせいしんぎかい

3件 の用語解説(農政審議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農政審議会
のうせいしんぎかい

農業基本法に基づき,農業の基本方向や農業政策の重要事項について調査,審議を行なった内閣総理大臣諮問機関1999年,農業基本法に代わり食料・農業・農村基本法が成立したことに伴い,食料・農業・農村政策審議会となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

農政審議会【のうせいしんぎかい】

農業基本法に基づいて総理府1984年農水省に移管)に設けられた農業政策の最高審議機関で1961年発足。15名以内の学識経験者委員と15名以内の専門調査員および各省からの幹事で構成。
→関連項目総合農政

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農政審議会
のうせいしんぎかい

1961年(昭和36)に農業基本法に基づいて設けられた農政に関する諮問機関。99年(平成11)7月、農業基本法が廃止され、新たに食料・農業・農村基本法(新農業基本法、平成11年法律第106号)が制定されたのに伴い、食料・農業・農村政策審議会が設置され、農政審議会は廃止された。
 それまでは農業の動向に関する年次報告などの基礎となる統計の利用および政府の所見(旧農業基本法6条)、重要農産物の需要および生産の長期見通し、またはこれの改定(同法8条)、重要農産物の価格安定対策の検討(同法11条)にあたっては、政府は農政審議会の意見を聞かなければならなかった。また、これら法律でとくに定められた事項のほか、内閣総理大臣や農林水産大臣または関係各大臣の諮問に応じ、農業基本法の施行に関する重要事項について調査審議し、自主的に意見を述べることができるとされていた。
 1961年の設立当初は総理府に所属していたが、84年に農林水産省に移管された。審議会の委員は15人以内で、学識経験のある者のうちから、農林水産大臣の申し出により内閣総理大臣が任命し、非常勤である。任期は農政審議会令によって2年と定められていた。[北出俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農政審議会の関連キーワード農業基本法食料・農業・農村基本法森林・林業基本法基本方針(農業経営基盤強化促進基本方針)森林・林業基本計画地力増進基本方針農業経営基盤強化促進基本方針(基本方針)農業信用基金協会農協・その他の農業団体農林漁業基本問題調査会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農政審議会の関連情報