コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵築[市] きつき

2件 の用語解説(杵築[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

杵築[市]【きつき】

大分県国東(くにさき)半島南東部の市。1955年市制。大部分は丘陵地で八坂川の流域と河口に平地が開ける。中心市街は中世以来城下町として発達。守江港は鉄道開通まで塩,青表の移出で栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きつき【杵築[市]】

大分県のほぼ中央,国東(くにさき)半島南部にある市。1955年杵築町と八坂,北杵築,奈狩江の3村が合体,市制。人口2万2112(1995)。市域は八坂川下流の三角州洪積台地,丘陵地に広がる。近世は杵築藩の城下町として栄えた。明治以降,杵築は速見郡の東に偏していたため郡役所は日出(ひじ)町に置かれたが,速見郡の中心都市としてよりは,国東半島南部の玄関口にあたる一地方中心都市としての特色をもっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone