コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山大学 まつやまだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松山大学
まつやまだいがく

私立大学。 1923年新田長次郎が創立した松山高等商業学校を起源とし,1944年に松山経済専門学校と改称。 1949年学制改革により松山商科大学となり,商経学部を置いた。 1962年商経学部を改組し,経済学部と経営学部を設置。 1974年人文学部,1988年法学部を増設。 1989年現校名に改称。 2006年薬学部を開設。入学定員は 1370人 (2007) 。 1972年大学院を設置。短期大学を併設。付属の総合研究所では地域の産業経済等に関する総合的な調査,研究活動を行なっている。所在地愛媛県松山市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まつやま‐だいがく【松山大学】

愛媛県松山市にある私立大学。大正12年(1923)設立の松山高等商業学校を母体に、松山経済専門学校を経て、昭和24年(1949)松山商科大学として発足。平成元年(1989)現校名に改称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松山大学
まつやまだいがく

私立。1923年(大正12)創設の松山高等商業学校(のち松山経済専門学校となり、第二次世界大戦前期では四国で唯一の私立高等教育機関であった)を前身として、1949年(昭和24)新制大学となり松山商科大学、1989年(平成1)松山大学と改めた。当初は商経学部だけの単科大学であったが、2010年(平成22)時点で、経済学、経営学、人文学、法学、薬学の5学部と、経済学、経営学、社会学、言語コミュニケーションの4研究科をもつ大学院からなる。松山高商以来の経済人育成の伝統を誇りとし、「三実主義」(真実・忠実・実用)を教育指針に掲げている。1952年に併設の短期大学は、おもに社会人のための夜間大学として開設されている。所在地は愛媛県松山市文京町4-2。[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松山大学の関連キーワード松山(市)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山大学の関連情報