コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松川浦 まつかわうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松川浦
まつかわうら

福島県北東部,相馬市にある潟湖。面積 5.9km2,最大水深 5.5m,周囲 23km。磯部から北方に延びた砂嘴の発達により堰塞されて,宇多川の河口付近に形成されたもの。北東端の鵜ノ尾岬は陸繋島。明治末期まで相馬塩の主産地で,まわりの丘陵の横穴奥には,塩だれを貯蔵する水槽が残存している。大正時代からノリ養殖が普及。現在はカキ,ハマグリアサリの養殖も行われている。鵜ノ尾岬の旧排水口はしばしば砂で閉鎖され,潟湖の排水を悪くしていたので,1910年北方に排水口が開削された。 95年には排水口にかかる松川浦大橋が完成。内側に松川浦港があり,近海の水揚げが多い。松川浦県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

松川浦【まつかわうら】

福島県相馬市東部の潟湖(かたこ)。面積6.06km2。最深5.5m。長州と呼ぶ砂嘴(さし)で太平洋と隔てられ,江戸時代には松ヶ浦などとも称され,相馬藩主の遊休地であった。
→関連項目相馬[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつかわうら【松川浦】

福島県浜通り北部,相馬市東海岸の宇多川河口付近にある潟湖。面積5.8km2。南北約5km,東西は北端で約3kmある。水深は浅く,最深点でも5.5mにすぎない。北岸は第三紀層からなる丘陵が東西にのび,東岸は磯部の海岸から北にのびた砂嘴で太平洋と区切られ,現在は1910年に掘削された北部の新浦口で外洋とつながっている。塩が専売品となる明治末期以前までは相馬塩の主産地であったが,現在はノリ,カキ,アサリ,ハマグリなどの養殖が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕松川浦(まつかわうら)


福島県相馬(そうま)市北東部にある潟湖(せきこ)。太平洋岸に南から北へ長く延びた長洲(ながす)の磯の砂嘴(さし)が鵜の尾崎(うのおざき)と繋がり、西1kmにある松川浦漁港の人工水路で海とつながる汽水湖。面積5.9km2。カキ・ノリを養殖。人工水路の外海側に松川浦新漁港がある。湖内の景勝地は「松川十二景」とよばれ、一帯は県立自然公園。釣り・潮干狩りが盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松川浦
まつかわうら

福島県北部、相馬(そうま)市の太平洋岸沿いにある潟湖。南部から延びた砂嘴(さし)によって形成されたもので、南北に細長く、面積5.8平方キロメートル。西岸は宇多川、小泉川の土砂の堆積(たいせき)による三角州をなしている。北端の鵜ノ尾(うのお)岬の西方に排水口(1905年掘削)があり外洋とつながっている。かつては製塩も行われたが、いまは中村藩政期からのカキ、ノリの養殖が定着している。北部に松川浦漁港があり、福島県北部の漁業の中心の一つとなっている。浦内にはマツに覆われた小島が点在し、魚貝類、野鳥、植生が豊富で、松川浦県立自然公園となっている。沿岸には宿泊施設も多く、潮干狩、海水浴、キャンプの好適地。JR常磐(じょうばん)線相馬駅からバスの便がある。[原田 榮]
 2011年(平成23)3月11日の東日本大震災において津波で砂嘴は分断されるなど大きな影響を受けた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松川浦の関連情報