コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋川 おおはしがわ

3件 の用語解説(大橋川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大橋川
おおはしがわ

島根県北東部,宍道湖と中海を結ぶ川。松江市の中央部を流れ,天神川のほか3条の水路を分流するが,矢田で合流し中海に注ぐ。全長 7.6km。慶長年間 (1596~1615) 堀尾吉晴によって大橋が架橋され,以北の松江市末次地区と以南の白潟地区が結ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおはし‐がわ〔おほはしがは〕【大橋川】

島根県北東部、宍道(しんじ)湖中海(なかうみ)を結ぶ川。斐伊(ひい)川の一部。長さ約8キロ。宍道湖東端から流出し、松江市市街地を東に流れ中海に注ぐ。市街地内を流れる大橋川には上流から下流に向かって宍道湖大橋・松江大橋・新大橋・くにびき大橋が架かっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大橋川
おおはしがわ

島根県北東部、宍道(しんじ)湖と中海(なかうみ)を結ぶ川。長さ約8キロメートル。斐伊(ひい)川の一部。近世から近代にかけては水運が盛んであった。宍道湖畔側に松江市街地が広がり、現在、松江大橋、新大橋、宍道湖大橋、くにびき大橋、中海大橋の五つが架橋されている。下流部の中海側には矢田の渡しがある。[矢野 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大橋川の言及

【宍道湖】より

…来侍(きまち)川,玉湯川などの小河川が注ぐが,最大の流入河川は出雲平野を貫流する斐伊(ひい)川である。排水は,おもに東岸松江市街を経て中海(なかうみ)につながる大橋川による。 宍道湖は,《出雲国風土記》には中海と合わせて入海(いりうみ)と記されている。…

【松江平野】より

…島根県北東部,島根半島南側の宍道(しんじ)低地帯にあり,宍道湖中海にはさまれた平野。中央には両湖を結ぶ大橋川,天神川などが流れ,主として西部に広がる沖積低地に松江市街地が立地し,東部は低い丘陵地となっている。《出雲国風土記》にある〈入海(いりうみ)〉の一部だったところで,第三紀後半に嫁ヶ島や茶臼山,洪積世末に嵩(たけ)山や和久羅山が形成され,のちこの間の浅海が埋積されて平野が形成された。…

※「大橋川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大橋川の関連キーワード松江平野宍道〈町〉島根県松江市宍道町伊志見島根県松江市宍道町上来待島根県松江市宍道町佐々布島根県松江市宍道町昭和島根県松江市宍道町昭和新田島根県松江市宍道町宍道島根県松江市宍道町西来待島根県松江市宍道町白石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大橋川の関連情報