大橋川(読み)おおはしがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大橋川
おおはしがわ

島根県北東部,宍道湖中海を結ぶ川。松江市の中央部を流れ,天神川のほか3条の水路を分流するが,矢田で合流し中海に注ぐ。全長 7.6km。慶長年間 (1596~1615) 堀尾吉晴によって大橋が架橋され,以北の松江市末次地区と以南の白潟地区が結ばれた。さらに 1914年,新大橋が,72年には宍道湖大橋が湖東端にできた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおはし‐がわ〔おほはしがは〕【大橋川】

島根県北東部、宍道(しんじ)湖中海(なかうみ)を結ぶ川。斐伊(ひい)川の一部。長さ約8キロ。宍道湖東端から流出し、松江市市街地を東に流れ中海に注ぐ。市街地内を流れる大橋川には上流から下流に向かって宍道湖大橋・松江大橋・新大橋・くにびき大橋が架かっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大橋川
おおはしがわ

島根県北東部、宍道(しんじ)湖と中海(なかうみ)を結ぶ川。長さ約8キロメートル。斐伊(ひい)川の一部。近世から近代にかけては水運が盛んであった。宍道湖畔側に松江市街地が広がり、現在、松江大橋、新大橋、宍道湖大橋、くにびき大橋、中海大橋の五つが架橋されている。下流部の中海側には矢田の渡しがある。[矢野 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大橋川の言及

【宍道湖】より

…来侍(きまち)川,玉湯川などの小河川が注ぐが,最大の流入河川は出雲平野を貫流する斐伊(ひい)川である。排水は,おもに東岸松江市街を経て中海(なかうみ)につながる大橋川による。 宍道湖は,《出雲国風土記》には中海と合わせて入海(いりうみ)と記されている。…

【松江平野】より

…島根県北東部,島根半島南側の宍道(しんじ)低地帯にあり,宍道湖中海にはさまれた平野。中央には両湖を結ぶ大橋川,天神川などが流れ,主として西部に広がる沖積低地に松江市街地が立地し,東部は低い丘陵地となっている。《出雲国風土記》にある〈入海(いりうみ)〉の一部だったところで,第三紀後半に嫁ヶ島や茶臼山,洪積世末に嵩(たけ)山や和久羅山が形成され,のちこの間の浅海が埋積されて平野が形成された。…

※「大橋川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大橋川の関連情報