林和(読み)りんわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「林和」の解説

林和
りんわ / イムファ
(1908―1953)

朝鮮のプロレタリア詩人、文芸理論家。本名は林仁植。ソウル生まれ。1929年東京に留学、帰国後32年から朝鮮プロレタリア芸術同盟書記長。35年同盟が日本により強制解散させられると文学史研究に沈潜。解放直後ソウルで朝鮮文学家同盟を組織、47年に38度線を越えて北朝鮮に入ったが、53年朴憲永(ぼくけんえい)につながるアメリカのスパイとして処刑された。中野重治(しげはる)の『雨の降る品川駅』への応答『雨傘さす横浜の埠頭(ふとう)』(1929)は、彼の叙情的プロレタリア詩の代表作の一つである。詩集『玄海灘(げんかいなだ)』(1938)、評論集『文学の論理』(1940)ほかの著書がある。

[大村益夫]

『松本清張著『北の詩人』(1964・中央公論社)』『現代朝鮮研究会訳編『暴かれた陰謀』(1954・駿台社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「林和」の解説

林和【りんわ】

朝鮮の詩人,文学評論家。本名は林仁植。1932年に第2次方向転換期のKAPF(朝鮮プロレタリア芸術同盟)の書記長となる。KAPF解散後は文学史研究も行う。解放後は文学運動の中心で活躍するが,北に渡った後,南朝鮮労働党系の粛清死刑となる。詩《十字路の順伊》《お兄さんと火鉢》,詩集《玄海灘》,評論集《文学の論理》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「林和」の解説

りんわ【林和 (R)Im Hwa】

1908‐53
朝鮮のプロレタリア詩人,文芸評論家。本名は林仁植。普成高等普通学校を経て1929年東京に留学,帰国後32年からカップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)書記長。35年カップの解散後は古典研究,近代文学史研究,朝鮮文庫の経営に身をやつす。解放直後に朝鮮文学建設本部をソウルで李源朝,金南天らと設立。これは翌46年2月,朝鮮文学家同盟に発展するが,その間,林和は封建的文化・植民地的文化を排除し,〈近代的な意味での民族文学〉の樹立を追求して左翼文学の理論的指導者であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android