コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か〔クワ〕【果】

[名]
《〈梵〉phalaの訳》仏語。
㋐原因から生じた結果。⇔
㋑過去の行為から生じた結果。報い。⇔
㋒仏道修行によって得た悟りの境地。
木の実。くだもの。
[接尾]助数詞。くだものを数えるのに用いる。「柿(かき)一

か【果】[漢字項目]

[音](クヮ)(呉)(漢) [訓]はたす はてる はて
学習漢字]4年
木の実。「果実果樹果汁果糖果肉結果堅果青果摘果落果
原因があって生じるもの。「果報悪果因果(いんが)結果効果成果戦果
仏教の悟りの境地。「仏果
思い切ってする。「果敢果断
予想どおり。はたして。「果然
[名のり]あきら・はた・まさる
[難読]無花果(いちじく)果物(くだもの)果敢(はか)ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

か【果】

[1] ( 名 )
原因・因縁によって生じたもの。結果。むくい。 ⇔
修行の結果として得られる悟り。 「此行を以て-を得たる時も/正法眼蔵」
木の実。くだもの。 「此種子を長ぜざれといはねども、必ず其の-を得るが如し/沙石 2
( 接尾 )
助数詞。くだもの類を数えるのに用いる。 「大なる梨子、柿…一二-を食つるに/今昔 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【塩】より

…炉は石組みのもの,石敷きのもの,灰土で壁をつくるものなどあり,大は福井県大飯町船岡遺跡の長径約5m,短径約1.8mの石敷炉,小は香川県坂出市ナカンダ浜の長径約1.0m,短径約0.7mの灰土炉などがある。製塩土器でつくられた塩が,さらに加熱固型化され,いわゆる焼塩にされる場合もあり,古代の文献にみえる顆(か)あるいは果という計量単位は,こうした固型焼塩の存在を示すものであろう。したがって,製塩土器が内陸で炭灰とともに発見されることがあるのは,単に運搬容器としてだけでなく,搬入先で焼塩が行われたことをも示す。…

※「果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

果の関連キーワード松果腺ホルモン果実(植物)穎果・頴果薔薇状果此土入聖くだもの回る因果蜜柑状果上生体松果腺子嚢盤須陀洹松果体集合果懸痩果単花果子嚢殻双懸果バラ科果胞子

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

果の関連情報