コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染まる ソマル

デジタル大辞泉の解説

そま・る【染まる】

[動ラ五(四)]
染料や絵の具・墨などがついたりしみ込んだりして、その色になる。「みごとな藍に―・った布地」「全身朱(あけ)に―・る」
光のぐあいなどであたりの色が変わる。「夕日に―・る」「山が若葉の緑に―・る」
ある考えや思想などの影響を受ける。また、よくない習慣がすっかり身につく。「土地の風習に―・る」「に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そまる【染まる】

( 動五[四] )
色がつく。その色になる。 「布が赤く-・る」 「夕日に赤く-・る」 「山が錦にしきに-・る」
(よくないものの)影響を受けて、その傾向をもつ。感化される。 「悪に-・る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

染まるの関連キーワードハウエルグラム陰性桿(かん)菌アメリカナイゼーションクロム親和性細胞ランゲルハンス島メタクロマジーパネート細胞日ならずしてキンケイギク血潮・血汐朱に染まる塩基性染料えびの高原真っ赤っ赤グラム染色濁りに染む分散染料血だらけ香光荘厳好塩基球

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

染まるの関連情報