片山津温泉(読み)かたやまづおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片山津温泉
かたやまづおんせん

石川県南西部,加賀市柴山潟西岸にある温泉。加賀温泉郷のなかでは歴史は新しく,泉源は潟のなかにあったのを 1870年に埋立てて温泉郷ができた。湖畔に開けたリゾート温泉。泉質食塩泉で,茶褐色を帯びている。泉温は 68~73℃。胃腸病,神経痛リウマチ婦人病特効がある。付近は源平合戦の篠原古戦場など史跡も多く,勇壮な源平太鼓など郷土芸能もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かたやまづおんせん【片山津温泉】

石川県加賀市、柴山潟の湖畔にある温泉。食塩泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕片山津温泉(かたやまづおんせん)


石川県南部の加賀(かが)市の北部、柴山潟(しばやまがた)湖畔(こはん)にわく行楽向きの温泉。同市内の山代(やましろ)温泉と山中(やまなか)温泉、小松(こまつ)市の粟津(あわづ)温泉とともに広く加賀温泉郷を形成。北陸路観光の一拠点で夜の歓楽街がにぎやか。柴山潟では釣り・舟遊びができる。近くには源平の篠原(しのはら)古戦場、平家方の斎藤実盛(さいとうさねもり)の首を洗ったといわれる首洗(くびあらい)池などがある。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。泉温73℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片山津温泉
かたやまづおんせん

石川県加賀市にある温泉。加賀温泉郷の一つ。柴山潟に面し、白山(はくさん)の眺望に優れる。江戸末期に泉源を潟の中に発見、明治以降、埋立てを進め北陸本線の開通(1897)もあって大温泉地に発展した。1969年(昭和44)の大火後、旅館の近代化、大規模化が進んだ。泉質は塩化物泉。周囲には源平の篠原(しのはら)古戦場、ゴルフ場、越前(えちぜん)加賀海岸国定公園の加賀海岸などがある。加賀温泉駅からバス10分。北陸自動車道、小松空港などが利用でき交通は便利。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片山津温泉の関連情報