コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫筑(2) かつらがわ ほちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫筑(2) かつらがわ-ほちく

1697-1781 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)10年生まれ。桂川甫筑(邦教(くにみち))の長男。桂川家2代。享保(きょうほう)20年(1735)幕府の奥医師となる。のち法眼(ほうげん)。薬剤の調合にすぐれた。安永10年3月30日死去。85歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は国華(くにてる)。字(あざな)は敦豪。通称ははじめ甫三。号は元英,古林翁。著作に「仙鼎方」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂川甫筑(2)の関連キーワード藩学一覧落語宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史上山藩桂川甫筑上山藩鶴岡蘆水