コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫筑(3) かつらがわ ほちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫筑(3) かつらがわ-ほちく

1730-1783 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)15年5月26日生まれ。桂川甫筑(国華(くにてる))の長男。桂川家3代。宝暦10年(1760)父の跡をついで幕府の奥医師となる。明和3年法眼。蘭方外科にすぐれた。天明3年7月30日死去。54歳。江戸出身。名は国訓(くにのり)。字(あざな)は栄修。通称は別に甫三。号は湖月楼,釣月。著作に「和蘭集玉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂川甫筑(3)の関連キーワード総合年表(アメリカ)徳川吉宗桂川甫三フランクリン(Benjamin Franklin)キャベンディッシュ天明の飢饉江村如圭フレデリック4世クレメンス12世前古典派音楽