コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫筑(3) かつらがわ ほちく

1件 の用語解説(桂川甫筑(3)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫筑(3) かつらがわ-ほちく

1730-1783 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)15年5月26日生まれ。桂川甫筑(国華(くにてる))の長男。桂川家3代。宝暦10年(1760)父の跡をついで幕府の奥医師となる。明和3年法眼。蘭方外科にすぐれた。天明3年7月30日死去。54歳。江戸出身。名は国訓(くにのり)。字(あざな)は栄修。通称は別に甫三。号は湖月楼,釣月。著作に「和蘭集玉」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂川甫筑(3)の関連キーワード桂川甫三天明の飢饉江村如圭前古典派音楽桂川甫筑義太夫節木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone