コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃生[町](読み)ものう

百科事典マイペディアの解説

桃生[町]【ものう】

宮城県東部,桃生郡の旧町。北上川と新北上川に囲まれ,水田が広く,野菜も多産。近世以来の北上川改修工事などによって,米どころとして生まれ変わった。2005年4月桃生郡河北町,雄勝町,河南町,北上町,牡鹿郡牡鹿町と石巻市へ編入。43.81km2。8635人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ものう【桃生[町]】

宮城県北東部,桃生郡の町。人口8990(1995)。北上川の新旧流路にはさまれ,新流路沿いの東部は丘陵,旧流路沿いの西部は低地となっている。奈良時代に蝦夷地経営の軍事的拠点として桃生城が築かれ,開拓が進められた。中世は葛西氏が支配し,近世は仙台藩領であった。藩主の伊達氏は家臣川村孫兵衛に命じて北上川改修工事を進め,これによって広大な野谷地の新田開発が可能になった。北上川改修は1910年の2度の堤防決壊を契機に再び手がけられ,35年に現在の用・排水系統が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android