コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑田義備 くわたよしなり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑田義備
くわたよしなり

[生]1882.10.5. 大阪
[没]1981.8.13. 京都
生物学者。東京帝国大学植物学科卒業 (1908) 。京都帝国大学教授 (22~42) 。同大学名誉教授。イネ,トウモロコシの研究を行い,染色体の構造と核分裂の分析や,核分裂の進化について独自の学説を樹立。 1953年染色体構造の研究によって日本学士院賞を受賞。 62年文化勲章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くわだ‐よしなり〔くはだ‐〕【桑田義備】

[1882~1981]植物学者。大阪の生まれ。京大教授。欧米に留学。染色体細胞核の分裂を研究し、細胞学の発展に貢献。文化勲章受章。著「染色体の構造」「細胞核の分裂」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑田義備 くわだ-よしなり

1882-1981 大正-昭和時代の植物学者。
明治15年10月5日生まれ。アメリカのコロンビア大で細胞学者E.B.ウィルソンに師事し,大正11年京都帝大教授。染色体のらせん構造をつきとめて,国際的評価をえた。昭和28年「染色体構造の研究」で学士院賞。37年文化功労者,文化勲章。昭和56年8月13日死去。98歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「細胞核の分裂」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くわだよしなり【桑田義備】

1882‐1981(明治15‐昭和56)
細胞学者。大阪府生れ。1908年に東京帝国大学を卒業,のち京都帝国大学教授となった。この間に欧米に留学,とくにアメリカのコロンビア大学のE.B.ウィルソンに師事した。植物の核分裂を研究し異数性の発見,染色体配列の浮遊マグネット説の提唱で知られ,さらに染色体のらせん構造説で国際的評価をうけた。後年には有糸核分裂の起源と進化についての思索を発表。学士院賞(1953),文化勲章(1962)を受章した。【佐藤 七郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くわたよしなり【桑田義備】

1882~1981) 植物学者。大阪生まれ。京大教授。植物の核分裂を研究し、染色体の螺旋らせん構造説を提出した。著「染色体の構造」「核分裂の進化」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桑田義備
くわだよしなり
(1882―1981)

植物学者。細胞学の研究で著名。大阪府吹田(すいた)に生まれる。1908年(明治41)東京帝国大学理科大学卒業。1922年京都帝国大学教授。染色体の構造を実験的手法を用いて研究し、染色体螺旋糸(らせんし)の行動を染色体の全生活環を通して解明した。次に細胞核分裂の本質を研究し、染色体生活環と核分裂環との関係を解析した。また、体細胞分裂と還元分裂との比較研究から、還元分裂は一種の重複分裂であるとの見解に達した。さらに、核分裂の起源と進化について論述した。これらの業績は核分裂の生物学的意義の理解を深めるもので、細胞学界の高い評価を受け、1953年に日本学士院賞、1962年に文化勲章を受けた。昭和56年8月13日没、墓所は京都市紫野大徳寺黄梅院にある。著書には『染色体の構造』(1937)、『細胞核の分裂』(1943)、『核分裂の進化』(1954)、『細胞論』(1956)などがある。[平岡俊佑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

桑田義備の関連キーワードトウモロコシ昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android