コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜江 さくらえ

2件 の用語解説(桜江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜江
さくらえ

島根県中部,江川下流の地域。旧町名。 1954年川戸,谷住郷,市山,川越,長谷の5村が合体して桜江村となり,1956年町制。 2004年 10月に江津市に編入。中心集落の川戸は江川と八戸川の合流点に位置し,江川舟運によって日本海に通じ,室町時代には朝鮮貿易の港として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜江
さくらえ

島根県中央部邑智(おおち)郡にあった旧町名(桜江町(ちょう))。現在は江津(ごうつ)市の南東部を占める地域。旧桜江町は1956年(昭和31)町制施行。2004年(平成16)江津市に編入。旧町域は石見(いわみ)高原にあり、江の川(ごうのかわ)が東から西に貫流する。江の川に沿ってJR三江(さんこう)線、国道261号が走る。古代の桜井郷、中世の桜井荘(しょう)の地で、室町時代には対朝鮮貿易の要津(ようしん)として川湊桜井津(さくらいのつ)の繁栄をみた。チャ、タバコ、ゴボウ、シイタケ栽培が盛ん。中心地区の川戸(かわど)は、1972年に大水害を受けたが、その後治水と土地区画整理を兼ねた大規模な復旧事業が行われた。江の川支流の八戸(やと)川には多目的の八戸ダムがあり、近くに国指定名勝千丈(せんじょう)渓がある。甘南備寺(かんなみじ)の櫨匂威鎧残闕(はじにおいおどしよろいざんけつ)は国指定重要文化財である。石見神楽(いわみかぐら)の原型とされる大元(おおもと)神楽は国指定重要無形民俗文化財。[野本晃史]
『『桜江町誌』上下(1973・桜江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜江の関連キーワード寺泊温泉津江津島根県松江市鹿島町名分島根県邑智郡川本町川下桜江〈町〉島根県隠岐郡隠岐の島町中町名田島根県出雲市斐川町名島島根県鹿足郡津和野町名賀島根県隠岐郡隠岐の島町西町名田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜江の関連情報