コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若丸 ウメワカマル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅若丸 うめわかまる

梅若伝説の主人公。
京都北白川の吉田少将の遺児で,人買いにさらわれ隅田川のほとりで死ぬ。京都からたずねてきた母はそれを知って悲しみにくれる。観世元雅の能「隅田川」で知られ,歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり),戯曲などで隅田川物といわれるおおくの作品が生まれた。東京墨田区の木母(もくぼ)寺に梅若塚がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うめわかまる【梅若丸】

伝説上の人物。南北朝頃の、京都北白川の吉田少将惟房これふさの子。人買いにさらわれて東国に下り、隅田川辺りで病死したとされる。謡曲「隅田川」や近世の小説の題材となった。 → 梅若忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅若丸
うめわかまる

謡曲、浄瑠璃(じょうるり)、小説などに登場する悲劇の少年の名。説経浄瑠璃では『梅若』または『隅田川(すみだがわ)』の題名で、『苅萱(かるかや)』『山荘太夫(さんしょうだゆう)』『愛護若(あいごのわか)』などとともに五説経のなかに加える者もある。梅若丸の父は京都・北白河の吉田少将で、母は斑女(はんじょ)。父の死にあった12歳の梅若丸は、奥州の知人を頼って下向する途中、人買い男にだまされて、武蔵(むさし)と下総(しもうさ)の境にある隅田川のほとりで病死する。母が尋ねてきたときには、すでに梅若丸は死んでいたので母は狂乱する。謡曲『隅田川』はそのさまを描いたものである。梅若丸を哀れんだ隅田河畔の里人が、死んだ場所に塚を設けて弔った。その梅若塚は現在、東京都墨田区堤通の木母寺(もくぼじ)にある。この伝説は木母寺の縁起となっているが、同寺では4月15日を梅若忌として大念仏会(だいねんぶつえ)を行う。小説では1656年(明暦2)に仮名草子『角田川(すみだがわ)物語』が出版され、1734年(享保19)には浮世草子『梅若丸一代記』(八文字屋本)が出た。古浄瑠璃では山本土佐掾(とさのじょう)の『角田川』があり、やがて近松門左衛門作といわれる浄瑠璃『雙生(ふたご)隅田川』が現れ、歌舞伎(かぶき)の4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作『隅田川花御所染(はなのごしょぞめ)』(1814、市村座初演)にまで発展した。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梅若丸の言及

【隅田川】より

観世元雅(もとまさ)作。シテは梅若丸の母(狂女)。武蔵と下総(しもうさ)の国境にある隅田川の渡し守(ワキ)が客を待っていると,旅人(ワキヅレ)が来て,あとから女物狂いがやって来ることを知らせる。…

【隅田川物】より

…《双生隅田川》以後,江戸歌舞伎では《法界坊》(《隅田川続俤(ごにちのおもかげ)》),《忍ぶの惣太》(《都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)》),さらに《清玄桜姫》(《隅田川花御所染》《桜姫東文章》)とも結合していく。また,梅若丸の命日が3月15日とあるところから,隅田川物は弥生狂言として上演されることが多かった。そのため,正月狂言の後日という関係から,曾我物の趣向ともからまって複雑化していった。…

※「梅若丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅若丸の関連キーワード隅田川(能、歌舞伎舞踊劇)隅田川・墨田川・角田川梅若伝説妙亀尼梅若忌舟の内木母寺中世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅若丸の関連情報