コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若丸 ウメワカマル

4件 の用語解説(梅若丸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うめわかまる【梅若丸】

中世・近世の諸文芸に登場する伝説上の少年。京都北白川吉田少将の子で、人買いにさらわれ、武蔵国隅田川畔で病死したという。東京都墨田区向島木母寺(もくぼじ)境内に梅若塚がある。謡曲「隅田川」、浄瑠璃などに作品化されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅若丸 うめわかまる

梅若伝説の主人公
京都北白川の吉田少将の遺児で,人買いにさらわれ隅田川のほとりで死ぬ。京都からたずねてきた母はそれを知って悲しみにくれる。観世元雅の能「隅田川」で知られ,歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり),戯曲などで隅田川物といわれるおおくの作品が生まれた。東京墨田区の木母(もくぼ)寺に梅若塚がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うめわかまる【梅若丸】

伝説上の人物。南北朝頃の、京都北白川の吉田少将惟房これふさの子。人買いにさらわれて東国に下り、隅田川辺りで病死したとされる。謡曲「隅田川」や近世の小説の題材となった。 → 梅若忌

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅若丸
うめわかまる

謡曲、浄瑠璃(じょうるり)、小説などに登場する悲劇の少年の名。説経浄瑠璃では『梅若』または『隅田川(すみだがわ)』の題名で、『苅萱(かるかや)』『山荘太夫(さんしょうだゆう)』『愛護若(あいごのわか)』などとともに五説経のなかに加える者もある。梅若丸の父は京都・北白河の吉田少将で、母は斑女(はんじょ)。父の死にあった12歳の梅若丸は、奥州の知人を頼って下向する途中、人買い男にだまされて、武蔵(むさし)と下総(しもうさ)の境にある隅田川のほとりで病死する。母が尋ねてきたときには、すでに梅若丸は死んでいたので母は狂乱する。謡曲『隅田川』はそのさまを描いたものである。梅若丸を哀れんだ隅田河畔の里人が、死んだ場所に塚を設けて弔った。その梅若塚は現在、東京都墨田区堤通の木母寺(もくぼじ)にある。この伝説は木母寺の縁起となっているが、同寺では4月15日を梅若忌として大念仏会(だいねんぶつえ)を行う。小説では1656年(明暦2)に仮名草子『角田川(すみだがわ)物語』が出版され、1734年(享保19)には浮世草子『梅若丸一代記』(八文字屋本)が出た。古浄瑠璃では山本土佐掾(とさのじょう)の『角田川』があり、やがて近松門左衛門作といわれる浄瑠璃『雙生(ふたご)隅田川』が現れ、歌舞伎(かぶき)の4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作『隅田川花御所染(はなのごしょぞめ)』(1814、市村座初演)にまで発展した。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅若丸の言及

【隅田川】より

観世元雅(もとまさ)作。シテは梅若丸の母(狂女)。武蔵と下総(しもうさ)の国境にある隅田川の渡し守(ワキ)が客を待っていると,旅人(ワキヅレ)が来て,あとから女物狂いがやって来ることを知らせる。…

【隅田川物】より

…《双生隅田川》以後,江戸歌舞伎では《法界坊》(《隅田川続俤(ごにちのおもかげ)》),《忍ぶの惣太》(《都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)》),さらに《清玄桜姫》(《隅田川花御所染》《桜姫東文章》)とも結合していく。また,梅若丸の命日が3月15日とあるところから,隅田川物は弥生狂言として上演されることが多かった。そのため,正月狂言の後日という関係から,曾我物の趣向ともからまって複雑化していった。…

※「梅若丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅若丸の関連キーワード北白川宮富子北白川宮成久北白川宮梅若北白川宮成久王北白川宮妃富子忍の惣太北白川遺跡群白水[村]舟の内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone