コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若六郎(56世) うめわかろくろう[ごじゅうろくせい]

1件 の用語解説(梅若六郎(56世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若六郎(56世)
うめわかろくろう[ごじゅうろくせい]

[生]1948.2.16.
能楽師。観世流シテ方。 55世の子。本名善政,前名紀彰 (としてる) 。父および祖父の2世梅若実に師事。古曲の復曲や現行演目の見直しに意欲的。華麗で優美な芸風で知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

梅若六郎(56世)の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone