コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶山古墳 かじやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

かじやまこふん【梶山古墳】


鳥取県鳥取市国府町にある古墳。梶山の小丘陵の谷間にある古墳は昔から知られ、戦時中は防空壕として利用されていたこともある。主体部は横穴式石室で、凝灰岩の切り石を用いている。玄室、玄門、前室、羨道(せんどう)からなり、全長約9.2m、前室の天井は玄室、羨道より一段高い、千代(せんだい)川右岸に特徴的な中高式である。玄室は石棺状で、奥行き2.35m、幅1.37m、高さは約1.6mあり、玄門部を除いた3面と天井がそれぞれ1枚石でつくられている。玄門は両側が石で、前面に扉石をはめ込むための刳()り込みがみられ、羨道の床面上に組み合わせ式石棺の底石とみられる凝灰岩がある。1978年(昭和53)に玄室奥壁の彩色壁画が発見され、調査が実施された。壁画は上方には細い線で三角文と同心円文が左右対称に、その中間に図文不明の曲線文、その下に右向きの魚が筆太に描かれている。さらに下には、直径約40cmの円文状2個がある。三角文・円文・同心円文・魚など、九州地方を含む各地の装飾古墳に用いられるモチーフがみられるが、魚を中心とする組み合わせや描出に特色がある。須恵器(すえき)片などの出土品や石室の構造から、6世紀後半から7世紀にかけての築造と推定されている。因幡(いなば)を代表する典型的な後期古墳として、1979年(昭和54)に史跡に指定された。また、1991年(平成3)にからの発掘調査で、当初円墳とされていた古墳が、1辺2.5~8.5mの変形八角形墳で、前庭に石垣状の段をもつことが判明した。JR山陰本線鳥取駅から日ノ丸バス「岡益橋」下車、徒歩約25分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の梶山古墳の言及

【鳥取平野】より

…千代川の現流路に沿って幅約2.5kmの範囲は地盤の標高が一段と低く,洪水の痕跡を示す旧流路の蛇行跡がみられる。平野とその周辺の利用は古くから進められ,周辺の丘陵上には,大陸文化と深いかかわりがあると思われる岡益(おかます)の石堂や,彩色壁画をもつ梶山古墳(史)などの遺跡が多く,条里制の遺構も一部の低湿地を除いてほぼ平野全域にみられる。また支流袋川の小扇状地をなす平野南東部は比較的高燥で,古代因幡の国府や国分寺などはここに立地していた。…

※「梶山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梶山古墳の関連キーワード鳥取県鳥取市国府町岡益国府

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android