地口銭(読み)じぐちせん

  • じぐちせん ヂぐち‥
  • じぐちせん〔ヂぐち〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉,室町時代租税一種。「じぐちぜに」ともいう。段銭 (臨時に課する) に類するもので,おもに京都奈良などの都市において,朝廷幕府興福寺などが道路に面する家屋間口広狭に応じて賦課し,臨時の入費にあてた。室町時代中期,末期にはやや恒久化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

地口とも。中世の臨時課税の一つ。都市家屋の敷地の道路に面する間口は地口と呼ばれ,これの広狭に応じて課税された。土地に居住するが負担するのが原則。のちに恒常化した。→棟別銭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

京都・奈良などの都市で,土地の間口の大きさに応じて賦課された臨時課税。原則としてその土地に居住する者が負担する。奈良では間別(まべち)ともいう。商工業発達によって都市内部の土地が経済的価値を持つようになったのに応じて設けられたもので,鎌倉時代末に,稲荷祭礼の費用として京都五条以南の地域に地口銭をかけたのが初期事例である。南北朝期に入ると,一般の寺社造営修理の費用を得ることを目的とした地口銭が数多く見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おもに南北朝~戦国時代に、室町幕府が京都など都市居住の商工業者の屋敷地や田畠(でんぱた)などに賦課した臨時の課税。伊勢大神宮(いせだいじんぐう)・内裏(だいり)・大社寺の造営や修理費、大嘗会(だいじょうえ)のための経費などを捻出(ねんしゅつ)するため臨時的に賦課したが、のちには恒常化の傾向を示している。その賦課・免除の権限は本来公家(くげ)政権が握っていたが、のちに室町幕府が徴収にあたったため、その権限も幕府に帰した。その賦課・割当ては「打つ」といわれ、道路に面した家屋の間口や洛中(らくちゅう)田畠の面積を測って地口帳を作成し、尺別(しゃくべつ)・段別(たんべつ)に賦課額が決定された。摂関家、門跡、東寺など有力社寺支配下の商工業者に対する地口銭は、免除されることもしばしばであった。

[佐々木銀弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中世、京都・奈良市内の家屋に対して臨時に課せられた税。道路に面した家屋の間口の広さに応じて課せられたもの。地口。
※大乗院寺社雑事記‐長祿二年(1458)四月一二日「近日京中、公家、門跡、高家を不嫌、悉以地口銭之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android