コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物生長調節剤 しょくぶつせいちょうちょうせつざい plant growth regulator

3件 の用語解説(植物生長調節剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物生長調節剤
しょくぶつせいちょうちょうせつざい
plant growth regulator

植物の生長を促進させたり,逆に抑制させるなど正常な生育を人為的に改変させる薬剤。その作用により発芽抑制剤 (マレイン酸ヒドラジドなど) ,発根剤 (インドール酢酸ナフタリン酢酸など) ,生長抑制剤 (CCCなど) ,伸長促進剤 (ジベレリン) などが知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

植物生長調節剤【しょくぶつせいちょうちょうせつざい】

植物の生長,開発,着果,発芽,発根,落葉などの生理機能に促進的あるいは抑制的に働く薬剤。→植物ホルモン矮(わい)化剤
→関連項目農薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぶつせいちょうちょうせつざい【植物生長調節剤】

農作物などの生理機能を増進あるいは抑制するために用いられる薬剤。植物の発芽,発根,生長,花芽分化,開花,結実,落葉,落果などきわめて多岐にわたる生理現象が制御・調節の対象となり,またそのための薬剤が多数開発されている。現時点では,この種の薬剤が,使用されている農薬のなかで占めている割合は約2%前後とまだかなり低いものではあるが,将来その利用範囲が広まることが期待されている。 現在のところ,実用化されている植物生長剤としては,次のような薬剤が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植物生長調節剤の関連キーワードアントシアニン加工食品農薬実質生理機能検査比較生理学機能性農作物栄養生理学相補的RNA生理機能障害説

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone