コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検定爆薬 ケンテイバクヤク

4件 の用語解説(検定爆薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんてい‐ばくやく【検定爆薬】

可燃性のガスや炭塵に着火せず、炭鉱の坑内で安全に扱えるよう検定試験に合格した爆薬。主剤として硝酸アンモニウムを用いる硝安爆薬の一種。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんていばくやく【検定爆薬 permissible(permitted) explosive】

石炭鉱山などメタンガスや炭塵の発生がある坑内での爆破に用いることが認められている爆薬。俗に炭鉱爆薬ともいう。爆発温度が低く,火炎を小さく抑えてある爆薬で,国の定める方法にしたがって検定を受け,それに合格した爆薬である。日本では,通商産業省工業技術院資源環境技術総合研究所が試験を行っており,メタンガスや炭塵の発生する石炭鉱山と同様な条件のもとで爆発試験が行われる。日本で用いられているおもな検定爆薬には,硝安ダイナマイト(ニトロゲルを基剤とし硝酸アンモニウムおよび減熱消炎剤を含む)や硝安爆薬などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検定爆薬
けんていばくやく

炭鉱爆薬」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検定爆薬
けんていばくやく
permitted explosive

発破(はっぱ)の際に炭鉱の坑内の天然ガスや炭塵(たんじん)に着火することのないように、安全度の試験(坑道試験)に合格した炭鉱用爆薬。硝酸アンモニウムを主剤とし、減熱消炎剤を含有している。
 炭鉱の坑内には可燃性のメタンガスや炭塵が存在する。火薬類による発破の際にこれらのガスや炭塵に引火して坑内爆発がおこることがある。このような災害を防止するために、炭鉱で使う爆薬には検定に合格することが義務づけられていた。しかし、2005年(平成17)に検定制度が廃止され、現在では日本工業規格(JIS(ジス))のJIS K4811(2009)に記載されている試験法が用いられている。なお、坑内ガスまたは炭塵に着火させない爆薬の性質を安全度という。[吉田忠雄・伊達新吾]

坑道試験

爆薬の爆発の際の粒子やガスの温度を下げることによって坑内爆発をおこさないようにすることができる。このような効果をもつ添加物が減熱消炎剤で、食塩が使われている。安全度の試験は坑道試験によって行われる。坑道試験装置は坑道と臼砲(きゅうほう)からなっている。試験の種類は、ガス試験では4種類、炭塵試験では3種類あり、もっとも危険な爆薬は、400グラム臼砲試験(正起爆)に用いる400グラム検定爆薬、もっとも安全度の高い爆薬は300グラム溝切り臼砲試験に用いるEqS-爆薬である。
 ガス試験A法または炭塵試験A法では、試験坑道の中にメタンガス9%または炭塵を所定量散布あるいは浮遊させて、装薬孔を模擬した臼砲に装填(そうてん)した400グラムまたは600グラムの爆薬を起爆する。なお、雷管は正起爆となるように装着する。その結果、10回(ガス)または5回(炭塵)実験して1回も着火しなかった場合を合格とする。爆薬量が多いほど着火しやすく、正起爆(発破孔内の装薬列において、親(おや)ダイを口元側に置く起爆法。親ダイ=雷管を取り付けた薬包。産業爆薬を薬包紙で巻き、または紙筒、合成樹脂等に充填したもの)より逆起爆(発破孔内の装薬列において、親ダイを主として孔底の近くに置く起爆法)のほうが着火しやすいことが知られている。ガス試験B法または炭塵試験B法では、EqS-爆薬またはEqS-爆薬を対象とし、雷管は逆起爆になるように装着する。ガス試験C法または炭塵試験C法では、EqS-爆薬よりも安全なEqS-爆薬を対象とし、溝切り臼砲上の溝の上に爆薬試料を置いて起爆する。ここで、溝切り臼砲は、着火がよりおこりやすいように爆薬包を空気中に露出させるために使用している。なお、ガス試験D法では、雷管が対象であって、爆発室に所定の濃度のメタンを充填し、雷管を起爆して、ガスの引火の有無を調べる。[吉田忠雄・伊達新吾]
『日本産業火薬会資料編集部編・刊『産業火薬』新版(1989) ▽火薬学会編、田村昌三監修『エネルギー物質ハンドブック』第2版(2010・共立出版) ▽日本火薬工業会資料編集部編『火薬学』初版(2012・日本火薬工業会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の検定爆薬の言及

【火薬】より

…石炭鉱山の坑内で発破を行うと坑内のメタンガスや炭塵に着火して坑内爆発を起こすことがある。そのために,炭鉱内の発破ではガスや炭塵に着火するおそれのない検定爆薬が使われる。検定爆薬には爆発ガスの温度を下げたり,ガスへの着火が起こりにくくするような減熱消炎剤が入っているものが多い。…

【硝安爆薬】より

…広義には硝酸アンモニウム(硝安)を主とする爆薬であるが,一般には硝安を主とした炭鉱用検定爆薬をいう。火薬類取締法のダイナマイトとの区別を考慮して次のように定義される。…

※「検定爆薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検定爆薬の関連キーワード坑内火災採炭石炭ガス炭鉱爆薬炭塵爆発炭塵混成ガス廃鉱メタンガス山田穣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone