コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随兵 ずいひょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随兵
ずいひょう

普通には,供として従うのことをいうが,鎌倉室町幕府では,将軍外出時の護衛のための武装騎馬武者をいった。上番下番先陣後陣,2列あるいは3列に並び,各自兜を従者に持たせて従ったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ずい‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【随兵】

《「ずいびょう」とも》
供として連れる兵士。随行の兵。
平安末期から鎌倉初期にかけて、検非違使(けびいし)に従って治安の維持に当たった騎兵
中世、将軍の外出のとき、その前後を警護した騎兵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ずいひょう【随兵】

武装して主君や大将に随従し,その警固にあたる武士一般を指す場合もあるが,ふつうは鎌倉・室町両幕府にあって,将軍の拝賀参内や寺社参詣等の行列に,甲冑をつけ,弓矢を帯し,騎馬にて随行する将軍の身辺警固のための武士をいう。随兵は将軍の車輿を中に,先陣,後陣の別があり,左右2列または3列に並ぶ。先陣,後陣では将軍の近く,左右では左,3列では中央に位置する者がそれぞれ上位である。行列の規模によってその人数も異なるが,十数騎から時には100騎を超える随兵が,おのおの武装した家の子,郎党を率いて供奉する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ずいひょう【随兵】

〔「ずいびょう」とも〕
随行する兵。供の兵。
中世、将軍が外出するとき前後を警護した騎馬の武士。ずいへい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

随兵の関連キーワード藤崎八旛宮例大祭伴大納言絵詞御恩・奉公熊本(市)波多野義重御恩・奉公二階堂行章波多野義景検非違使多気義幹土岐頼益小山長政那須助員赤松義祐武田信政小具足宗孝親楠木氏鎧直垂頬貫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android