コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽市令 らくいちれい

1件 の用語解説(楽市令の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

らくいちれい【楽市令】

主として16世紀後半,戦国大名および織豊政権が,地方市場,新設の城下町に出した法令。楽市令は大別して次の2種に分けられる。ひとつは,15,16世紀に新しく登場した地方市場で,寺内町(じないちよう)に代表されるような,すでに,楽市場として存在していた市場に,その楽市の機能を保証した,いわば保証型楽市令である。この型に属する楽市令としては,織田信長の永禄10年(1567)美濃加納あて楽市令,元亀3年(1572)近江金森あて楽市令,後北条氏の天正13年(1585)相模荻野あて楽市令などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の楽市令の言及

【安土桃山時代】より

…地理的にみて安土は,京都に近く,琵琶湖東岸の東山道沿いという水陸交通の要衝で軍事上の拠点にあたる。翌年信長は安土町中を楽市とし,諸役,諸公事,普請役,伝馬役などを免除し,往還の商人の寄宿を強制するなど,城下町の繁栄をはかっている(楽市令)。79年に信長はこの地で日蓮(法華)宗を浄土宗と対決させて敗訴を宣告した。…

【博労】より

…また近江保内にも伯楽座があり,戦国時代になると各地に馬市が開かれ博労が活躍した。織田信長が1577年(天正5)に安土山下町中に出した楽市令の中に〈博労の儀,国中馬売買,ことごとく当所において仕るべき事〉とあるのは有名である。【黒川 直則】 博労は馬喰の文字をあてるように,もと馬の売買で生活したが,役畜として牛が普及するとこれをも扱うことになった。…

※「楽市令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楽市令の関連情報