コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様似[町] さまに

百科事典マイペディアの解説

様似[町]【さまに】

北海道中南部,様似郡の町。日高本線の終点。東は日高山脈南端部で,南は太平洋に面する。古くからの漁村で,大量のコンブがとれる。他に,サケ,マス,カレイを産し,農業は水稲,酪農,軽種馬が主体。
→関連項目アポイ岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さまに【様似[町]】

北海道南部,日高支庁様似郡の町。人口6686(1995)。太平洋に面し,日高山脈とそれに連なる丘陵が町域の大部分を占める。日高本線の終点にあたり,国道336号線が海岸沿いに走る。1799年(寛政11)幕府支配の会所が置かれ,1804年(文化1)幕府はアイヌ教化と在住和人のために蝦夷三官寺の一つ等澍院(とうじゆいん)を建立した。陸繫島エンルム岬に抱かれる湾入部が様似発祥の地で,ここに築かれた様似漁港を中心に市街地が開け,1937年日高本線が開通して様似川の沖積地に駅を中心とする新市街地が発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android