コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 とい gutter; trough

13件 の用語解説(樋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


とい
gutter; trough

(1) 屋根の降雨を排水するために軒先に設けられた溝または管。材料にはおもに銅や亜鉛,鋼,塩化ビニル管が用いられるが,木や竹,スレートなども使われる。西洋建築では,古くはコーニスに溝を彫り込み,ガルグシルと呼ばれるコーニスより突出したいくつかの排水口より放出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とい〔とひ〕【×樋】

屋根を流れる雨水を受けて、地上や下水道に導くための溝形または筒状の装置。軒樋(のきどい)・竪樋(たてどい)、それらをつなぐ呼樋(よびどい)など。とゆ。とよ。

とよ【×樋】

とい」の音変化。

ひ【×樋】

水を送り流すために、竹・木などで作った管。とい。
せき止めた水の出口に設けた戸。開閉して水を出入りさせる。水門。
物の表面につけた細長い溝。「物差しの
日本刀の側面の峰近くにつけた細長い溝。重さを軽くしたり、血走りをよくしたりするためのもの。血流し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

樋【とい】

屋根面の雨水を排水するための施設。屋根の谷部に設けられる谷樋,屋根と壁との交わる部に設けられる際(きわ)樋,大屋根の水をその下の屋根にはわす這(はい)樋等があり,軒先の軒樋から下に落とす竪(たて)樋は呼樋(〈あんこう〉とも)により連絡される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とい【樋】

屋根の雨水を集めて地上または下水に流すために設けられた溝形あるいは管状の装置。俗に〈とゆ〉〈とよ〉ともいう。材料は銅,亜鉛鉄板,鋼,塩化ビニルなどが一般的であるが,かつては木,竹などが用いられた。使用される場所に応じて内樋,外樋,軒樋,谷樋,這樋(はいどい),呼樋(よびどい),竪樋などがある。樋はもともと戸樋(トヒ)あるいは通樋(トホシヒ),門樋かと推測されているが,水を遠くに導き流すために竹や木,土でつくった長い管が樋(ひ)で,下樋(したひ),懸樋(かけひ)((かけい)),埋み樋,受け樋,などがあった。

ひ【樋】

池水や河水を放出・流下させる水門のことで,〈圦樋(いりひ)〉ともいう。佐藤信淵の《隄防溝洫志》に〈川下の井路筋へ用水を引入れ,或は用水落堀より川中へも落す為に,堤に仕込みて其戸を開闔(かいこう)する者也。小樋は一枚戸に致し,大樋は二枚戸・三枚戸に致す〉とある。材料は松,ツガ,ヒノキを用い,構造には関東流,紀州流の別があるといい,樋の設置には位置を選ぶことがたいせつで,位置が悪ければ本川を好まぬ方向に導くおそれがあるというが,これは河川からの水の取入口である圦樋のことである(《県令須知》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とい【樋】

屋根に落ちた雨水を集めて地上に流す装置。軒樋・谷樋・竪樋などがあり、建物の内側に設けるものは内樋という。とよ。とゆ。ひ。
湯水を導き送るために取り付けた筒。ひ。

とゆ【樋】

「とい(樋)」の転。

とよ【樋】

「とい(樋)」の転。

ひ【樋】

水を導き送る、木や竹の長い管。とい。
物の表面につけた細長いみぞ。 「 -定規」
日本刀の側面につけた細長いみぞ。血流し。
せきとめた水の出口に設けた戸。開閉して水を出したりとめたりする。水門。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

とい【樋】

湯水を流して運ぶための装置。特に、屋根に落ちた雨水を集めて地面や排水溝へ送る雨樋をいうことが多い。金属・竹・プラスチックなどで作った、円筒形の管や、筒を二つ割りにした形の部材を用いることが多いが、温泉の湯樋などは木の板でコの字に作ったものもある。◇「とよ」「とゆ」ということもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とい

屋根から雨水を集めて地面まで導くための装置。軒先に沿わせて屋根面からの水を受けるものを軒樋、軒樋の水を集めて地面まで導くものを竪樋(たてとい)、軒樋と竪樋とを接続するものを呼樋(よびとい)または鮟鱇(あんこう)という。また樋を軒先など建物の外に表すものを外樋、陸(ろく)屋根のパラペットparapet(屋上や吹抜き廊下にみられる手すり壁)の内側などに設けて外から見えないものを内樋とよぶ。軒樋の断面は半円形が普通で、80~100分の1程度の勾配(こうばい)をつけ竪樋につなぐが、ていねいな仕事では軒樋の外側を箱形の覆いで受けることがあり、これを箱樋という。箱樋を用いれば軒樋の勾配は箱の中で吸収されて軒の線を水平にそろえられる意匠上の利点がある。樋の材料は銅板を最上とし、普通は亜鉛めっき鉄板、最近はカラー鉄板や合成樹脂で成形したものも用いられる。竪樋で地表に近く物の当たりやすいところや、高層建築でとくに長いものには鉄パイプが使用される。また数寄屋(すきや)などの軒樋には半割の竹を用いることがある。屋根に谷のできる場合は銅板などで箱形の谷樋をつくるが、長い陸谷(鋸(のこぎり)屋根の場合に避けられない)では、特別にアスファルト防水などを施した成形品を用いることもある。総じて内樋を避け、谷、とくに陸谷をつくらぬようにするのが雨漏りを少なくする要諦(ようてい)である。
 軒樋は垂木(たるき)、鼻隠(はなかくし)に一定間隔に取り付けた樋金物に、竪樋は柱、壁体に同様に取り付けた把(つかみ)金物によって、それぞれ支持される。いずれも鉄製で、コールタール塗りなどによる防錆(ぼうせい)処理を施さねばならない。[山田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【樋】より

…材料は銅,亜鉛鉄板,鋼,塩化ビニルなどが一般的であるが,かつては木,竹などが用いられた。使用される場所に応じて内樋,外樋,軒樋,谷樋,這樋(はいどい),呼樋(よびどい),竪樋などがある。樋はもともと戸樋(トヒ)あるいは通樋(トホシヒ),門樋かと推測されているが,水を遠くに導き流すために竹や木,土でつくった長い管が樋(ひ)で,下樋(したひ),懸樋(かけひ)((かけい)),埋み樋,受け樋,などがあった。…

【溜池】より

…熊沢蕃山は池の築造の地盤に着目し,まず〈根切り〉を行うことを説き,池底からの漏水を防ぐべく,池床の底を堅固に固め,堤は十分に幅広く堅固に,十分の人夫を投じて築くべしとし,佐藤信淵は《堤防溝洫志》に,溜池は土地が高く川水を用水に引き揚げ難い所に築くとし,まず,よく谷川・清水のある場所を考え,その山の形状にしたがって,3方,2方,あるいは丸堤(池の全周を堤で囲む)を築いて谷水を蓄え,堤の大小は溜池面積の広狭に準じ,勾配は内法(うちのり)7寸5分,外法5寸が法であり,堤の内腹は〈ハセネリ〉と称する土性のよい真土(まつち)で塗り込み,下地をよく突き固めておけば漏水がないとしている。また《地方の聞書(才蔵記)》には,よい池とは堤が短く池の内が広く,床はよくつみ,打樋(うちひ)(用水を流し出すの位置)は岩か,もし土であっても,水の当たる所は堅い土の場所がよい(池の決壊は樋の場所の崩壊による実例が多い),池床の深浅は両側に山の立つ所は床が浅く,平地の場合は深く,谷に常に水のある所は浅く(すぐ下が岩盤であるから),少々の降雨にも谷底に水のない所は岩盤までが深いから池床には不適であるなどと詳細に述べている。樋の位置と並んで悪水吐口(はけぐち)についても,その付けようが悪ければ,洪水で堤が切れるものである等とある。…

【番水】より

…中世以後,同一水源・水系のもとで,灌漑用水の不公平な配分からくる収穫の豊凶を避け,また干ばつによる被害を最小限にくい止めるために行われた水の配分制度。水量を調節するため(1)現作している水田面積に応じて一定の時間を定めて決められた順序に従って配水する,(2)分水点に設けられた流水量測定の器具・道具(分木(ぶんぎ),分水石など)を使用する,(3)水路の幅,深さを定めて流水量を測る,(4)河川に(せき)を設ける場合に完全に流水を遮断せず,定められた間隙を開け,定められた深さの水流を保ちつつ一定量の水を下流に放流する,などの諸方法と,用水池の樋(ひ)を抜き放水する発議権や決定権をどの地域のどのような住民が行うかなどが番水の具体的内容であり,それらがいくつか併用されて一つの番水が運営されている。中世前期までは不文律のまま運用されていたが,中世後期になると番水規定の文章化も行われるようになった。…

※「樋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

樋の関連キーワード玉散るやまべ四界水de脱臭斜交層理シンプソン則(石油)水道町水落水出し/水出汁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樋の関連情報