コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準大気 ひょうじゅんたいきstandard atmosphere

5件 の用語解説(標準大気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準大気
ひょうじゅんたいき
standard atmosphere

航空などでモデルとして用いられる仮想の基準大気。一般に次の常数からなる国際標準大気が採用されている。地上気圧は 1013.250hPa重力加速度は 980.665cm/s2,地上気温は 15.0℃,気温減率は地上から 11kmまでは 1kmにつき-6.5℃,11km以上 20kmまでは同 0.0℃,32kmまでは同+1.0℃,海面上の空気密度は 1.225 kg/m3であり,さらに大気の組成は一定で水分を含まない乾燥空気という条件がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

標準大気【ひょうじゅんたいき】

航空で用いる高度計や弾道計算のために定められた一定の鉛直構造をもつ大気モデル。国際,米国,日本などによって数値がわずかずつ違って制定されている。日本のでは,海面上の気温15.0℃,気温減率100mにつき0.65℃,11km以高では気温一定で−56.5℃,海面上の気圧1013.25hPa,重力加速度980cm/sec2,海面上の空気密度1.2249kg/m3などと定める。
→関連項目大気

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんたいき【標準大気 standard atmosphere】

対流圏や成層圏内の気圧,気温,密度などの高度分布を実際の大気の平均状態に近いように表した大気のこと。標準大気は現実の大気に近い仮定を基準にして作られ,いろいろな要素の鉛直分布は単純な形で表す。日本標準大気,アメリカ標準大気,国際標準大気などがある。内容的にはほぼ同じで,航空機気圧高度計の目盛付けなどの基準に使われる。大気【朝倉 正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

標準大気
ひょうじゅんたいき

気圧、気温などの鉛直分布を、実際の大気の平均状態に近似させ、簡単な形に表現した基準的なモデル大気をいう。日本標準大気、アメリカ標準大気などがある。国際的には、国際民間航空機関ICAO(イカオ))が採用した国際標準大気が慣用されている。国際標準大気では、「平均海面(地上)気圧が1013.25ヘクトパスカル、同気温が15℃、高さ11キロメートルまでは1キロメートルにつき6.5℃の減率で、11から20キロメートルまでは零下56.5℃の等温」と設定されている。[股野宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone