権官(読み)ごんかん

  • けんかん
  • けんかん ‥クヮン
  • けんかん〔クワン〕
  • ごんかん ‥クヮン
  • ごんかん〔クワン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

令制の規定外のの一つ。員外官正官と並ぶ定員外の官であるのに対し,かりにその官に任じ,相当する俸禄を給されたをさす。大和権守など,初めは地方官に限られたようであるが,のちには京官にも及び,天応1 (781) 年,員外官廃止によって官の重要性は増していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

大宝・養老令に定められた定員以外に権(かり)に任ぜられた官員。8世紀前半にも権に兵馬司史生に充て,権に参議と為したことが見えるが,正規の権官の初見は779年(宝亀10)に藤原田麻呂が中衛権大将に任ぜられた記事か。781年(天応1)員外官が全面的に廃止されると,これに代わって権官の任命が増加し,平安時代には・外官にわたって盛行した。特に外官の権官は,公廨稲(くがいとう)の取得のみを目的とする遥任風潮と結びついて恒常化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

権勢のある官職。また、その官職にある人。
兼官に同じ。
令で定める正官以外に、権かりに任ずる官。権大納言・権頭ごんのかみ・権別当など。権僧正・権大宮司など僧官・神官にも置かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

令制(りょうせい)で定められた定員以外に置かれた官の一つ。権官と員外官との区別はかならずしも容易ではないが、員外官は令規の正官と並ぶ定員外の官で、主として奈良時代に京官、地方官に任命された。781年(天応1)の詔により、郡司、軍毅(ぐんき)を除いて、内外文武官を問わず、員外の任はいっさい廃止されて以来、権官がこれにかわって盛行する。ただし、奈良時代においても権官はみえるが、多くは「かりの官」として、暫定的に政務の運営に参与させたという意味である。779年(宝亀10)藤原田麻呂(たまろ)をもって中衛(ちゅうえ)権大将に任命したのが正規の権官の初見か。以後、平安時代に入ると内外官ともに権官が増加する。[渡辺直彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 権勢のある官職。また、その地位についている役人。顕官。
② =けんかん(兼官)①〔新字解(1868)〕
〘名〙 令制にきめられていない官の一つ。奈良時代に置かれ、その後増加して平安時代には正官と並置された。本来は職務の煩雑多忙を処理するためであったので、経歴・資格は正官に任ずるに足りないが、有能である者を仮にその官に任じ、官に相当する俸祿を給与したもの。はじめは地方官に限られたがのちには京官に及んだ。類似の官に員外官があったが、奈良時代に廃止されて、後に権官にかわった。その範囲は、僧官や神官にも及んだ。
※延喜式(927)一八「凡正員之外、特任権官者、不正権、依位階次

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android