コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺山遺跡 かばやまいせき

2件 の用語解説(樺山遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かばやまいせき【樺山遺跡】

岩手県北上市稲瀬町字大谷地北上高地の西麓にあたる北上川左岸の河岸段丘上に立地する縄文時代前期~後期の遺跡。配石遺構を伴うことで知られる。1951年以降,岩手県教育委員会や北上市教育委員会によってしばしば発掘調査が行われた。遺跡は東西に細長くひろがり,その西部に前・中期の竪穴住居跡,炉跡,貯蔵穴,甕棺遺構,遺物包含層が発見されている。中央部には中期に属する配石遺構が32基検出されている。立石の周囲に平石を配した小型のもので,配石下には小さな竪穴を伴う場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

かばやまいせき【樺山遺跡】


岩手県北上市稲瀬町にある配石遺構(ストーンサークルの一種)をともなう縄文時代中期の遺跡。市街地の南方、北上山地の麓にある。1950年(昭和25)に発見され、数次にわたる発掘調査が実施され、1977年(昭和52)に国指定史跡となった。標高約80mと約100mの地点の上下2段に分かれる。上段は大地の周縁に竪穴(たてあな)住居が集中しており、縄文時代中期から後期初頭にかけての集落があった。竪穴住居跡のほか甕棺(かめかん)も発見されている。下段は配石遺構群で、約1.2m径の範囲に石が敷きつめられている。一端に立石を設けるタイプのものが多く、32以上の遺構が残る。配石の下には土坑が発見されており、墓地だったのではないかと推定されている。配石遺構は縄文時代中期のもので、特別史跡である秋田県鹿角(かづの)市の大湯環状列石などの系統につながるものだと考えられている。JR東北新幹線ほか北上駅から岩手県交通バス「橋本」下車、徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

樺山遺跡の関連キーワード岩手県北上市稲瀬町岩手県北上市稲瀬町岩川岩手県北上市稲瀬町岩脇岩手県北上市稲瀬町上台岩手県北上市稲瀬町押切岩手県北上市稲瀬町金附岩手県北上市稲瀬町熊沢岩手県北上市稲瀬町古河岩手県北上市稲瀬町前田岩手県北上市稲瀬町水越

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樺山遺跡の関連情報