コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民俗文化財 ミンゾクブンカザイ

4件 の用語解説(民俗文化財の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みんぞく‐ぶんかざい〔‐ブンクワザイ〕【民俗文化財】

文化財保護法上の文化財の一。衣食住・信仰・年中行事などに関する風俗慣習・民俗芸能およびこれに用いられる衣服・器具・家屋など。→重要無形民俗文化財重要有形民俗文化財

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

民俗文化財【みんぞくぶんかざい】

文化財保護法によって規定される衣食住,生業,信仰,年中行事等に関する風俗慣習,民俗芸能(無形民俗文化財)およびこれに用いられる衣服,器具,家屋など(有形民俗文化財)で,国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの。
→関連項目文化財民具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みんぞくぶんかざい【民俗文化財】

文化財保護法上の文化財の一。衣食住・生業・信仰・年中行事などに関する風俗習慣・民俗芸能、およびこれらに用いられる衣服・器具・家屋などで、国民生活の推移の理解のために欠くことができないもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民俗文化財
みんぞくぶんかざい

文化財保護法上の「文化財」の一種目。従来「民俗資料」とよんだが、1975年(昭和50)の法改正によって「民俗文化財」と名称が改まり、保護規定も変わった。その定義は同法第2条1項3号に、「衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの」と規定されている。
 民俗文化財には「有形民俗文化財」と「無形民俗文化財」とがある。有形の民俗文化財とは、前掲の定義後段に掲げられた衣服、器具、家屋等の物件をさし、文部科学大臣はそのうちとくに重要なものを「重要有形民俗文化財」に指定することができることになっている。無形の民俗文化財とは、前掲の定義前段の風俗慣習、民俗芸能、民俗技術をさし、文部科学大臣はそのうちとくに重要なものを「重要無形民俗文化財」に指定することができることになっている。また、文化庁長官は、重要無形民俗文化財以外の無形の民俗文化財のうちとくに必要なものを選択して、自らその記録を作成し、保存し、または公開することができることになっている(選択無形民俗文化財)。有形・無形の民俗文化財の指定または選択は、それぞれ別個に告示で定められた指定基準または選択基準に照らして適否が判定されるが、決定は文化審議会に諮問し、その議決答申を得たうえで行われる。なお、2004年(平成16)の文化財保護法改正により、重要有形民俗文化財以外の有形民俗文化財のうち、保存と活用がとくに必要とされるものは登録有形民俗文化財として文化財登録原簿に登録されることとなった。2015年11月時点で、重要有形民俗文化財216件、重要無形民俗文化財290件が指定されており、登録有形民俗文化財には36件が登録されている。[田原 久]
『民俗文化財研究会編著『民俗文化財の手びき』(1979・第一法規出版) ▽『日本の民俗文化――重要無形民俗文化財の世界』(2003・民俗資料編纂会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の民俗文化財の言及

【文化財】より


[文化財の種類]
 文化財は人工文化財と自然文化財に大別される。人工文化財はまた,動産文化財,不動産文化財,および無形文化財,民俗文化財に分けられる。(1)動産文化財 彫刻,絵画,書跡,陶磁器,金工品,漆芸品,考古資料などのいわゆる美術工芸品といわれるもの,各種古文書,美的価値よりも学術的価値に重きをおいた地図類や,歴史上の著名な人物の遺品などの歴史史料等からなる。…

※「民俗文化財」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民俗文化財の関連情報