コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族舞踊学 みんぞくぶようがくethno‐choreology

世界大百科事典 第2版の解説

みんぞくぶようがく【民族舞踊学 ethno‐choreology】

一般にバレエやモダン・ダンスなどの西洋の舞台芸術としての舞踊以外のすべての舞踊を研究する学問とされる。しかし,西洋の芸術音楽の研究を行う音楽学にあたる学問が確立していないので,取り扱うジャンルや地域よりはむしろ方法論に重点が置かれる。 舞踊に関する記述はプラトンアリストテレスにみられ,古代ギリシア時代から研究は行われてきたことがわかる。しかし,民族舞踊学は1960年代以後盛んになった。舞踊研究を行っている大学や研究機関が少ないので,研究者は民族音楽学人類学,演劇学,体育学,日本学,アジア研究などの出身者が多く,方法論はそれぞれの出身の学問のそれに基づいている場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android